フィールドキャストユニフォーム デザインについて

東京2020大会のユニフォームは、様々な年代、性別、国籍の方々が快適に活動できるよう、「暑さ対策・持続可能性・多様性」の3つの観点から開発しました。このユニフォームが、大会期間中キャストとしての一体感を醸成するとともに、大会全体の雰囲気を盛り上げていくことを期待しています。

デザインのポイント

コア・グラフィックスの「重ねの色目」をモチーフにしたグラデーションを清涼感のある大会カラーの「藍」で表現し、その上からエンブレムを重ねることで、東京2020大会らしい品格のあるデザインを目指しました。
競技会場の装飾と調和しながらも、観客からの識別性を保ち、様々な年代、性別、国籍の方々が着やすいデザインとしました。

トップス

開発のポイント

暑さ対策

東京2020大会と同じ状況下(時期)での試作品テストを重ねることで、高温多湿の日本の夏において快適に活動できる、優れた吸汗速乾性や通気性を実現しました。同時に、ウエアについては可動性を高めたシルエットとなっており、動きやすさ、着心地の良さも追及しています。

持続可能性

各種アイテムは、再生ポリエステル材や植物由来材を多く取り入れており、また、一部のアイテムの包装材には焼却時にCO2を吸収する素材を使用する等、様々な観点から環境への配慮を取り入れています。

多様性

様々な年代、性別、国籍の方々が快適に活動できるようユニセックスシルエットを採用し、幅広いサイズ展開をしています。また、ポロシャツのボタンはスナップダウンボタン仕様となっており、外しやすさを追求しました。

パンツ

動きやすい素材を使い、腰の部分にメッシュ地を採用することで、蒸れにくく暑さ対策にも配慮しています。また、膝から下は着脱可能でハーフパンツにもなり、天候・環境などに合わせてスタイルが選ぶことができます。



シューズ/ソックス

通気性を高めた素材・構造により、快適な状態を保ちます。ソール材には植物由来素材を使い、また、アッパー(甲被)と中敷の表面材には、「ソリューションダイ」という技術を採用し、糸を製造する際に原料自体に着色することで、従来の染色工程に比べ水の使用量を削減しています。また快適な作業に必要な安全性やクッション性、フィット性も追及しています。




ジャケット

ポロシャツのデザインと合わせた収納フード付き長袖ジャケットです。小さくたたんでポケットに収納できるパッカブル仕様になっています。

ハット

暑さ対策には360度のひさしが重要という考え方に基づき、つばのあるハットになっています。本体に通気メッシュを使い、風通しのよい構造を実現しました。

バッグ