東京2020大会ボランティア参加宣言リレー in東北

いよいよ2018年9月26日から、東京2020大会ボランティアの募集を開始しています!
東京2020大会のボランティア活動に興味をもってくださっている皆さんに「どんな準備をしているか」「どんな役割に興味を持っているか」などをお聞きしました。
第二回目は、東北で行われた連携大学向けの説明会に集まってくださった学生の皆さんの声をお届けします。

#2年後の夏 自分のボランティアのスキルを高めたい!(大学2年生)

画像のタイトルを記入してください 大会ボランティアに参加してみたいと思いますか?
参加したいです。大学のボランティアサークルに参加していて、そこでは震災の復興支援などを行っています。またスポーツボランティアにも興味があるので、地元のマラソン大会のボランティアにも参加しました。もっと大きなスポーツ大会にもボランティアとして参加してみたいな、と考えていたので、オリンピック・パラリンピックは良い機会です!

参加してみたいと思ったのはどの分野ですか?
どの分野も自分にとっては魅力的で、迷っています。分野は指定せずに申し込むのもよいかなと考えています。東京2020大会にボランティアとして参加することで、ボランティアスキルを高めていけたらなと思います。

2020年は東北から参加してくださるのですか?
2020年は大学4年生になっています。就職活動をするのか、大学院に行くのかまだ決められていません。もし学生として参加するのであれば、兄が東京にいるので、兄を頼らせてもらおうかなと思っています。

ボランティアの参加に向けて準備していることはありますか?
説明会に来る前から、東京2020大会の公式SNSに登録して情報を集めていました。今日の説明会に参加して、より具体的なイメージがわきました。僕にとってボランティア活動は「将来のための人生経験」というより、「活動して何かをなす楽しみ」のためである部分が大きいです。東京2020大会のボランティアを楽しみたいです!

#2年後の夏 たくさんの人をサポートする!たくさんの人と交流する!(大学院1年生)

大会ボランティアに参加してみたいと思いますか?
東京2020大会に興味がありました。
ボランティアを通して、色んな人とコミュニケーションをとれること、また、大会運営に携わることで、自分の目標を達成することができると考えています。
私は中国人で日本に来て2年目なのですが、もともと日本が好きです。日本語、英語、中国語が話せるので、自分の語学力を活かして、世界中の人をお迎えしたいです!

参加してみたいと思ったのはどの分野ですか?
外国語を使ったコミュニケーションサポートができそうな「アテンド」に興味があります。また、中国でメディア企画の仕事に3年ぐらい携わったこともあるので、「メディア」も自分の経験を活かせるかなと考えています。あとは、「競技」もおもしろそうですよね。

ボランティアの参加に向けて準備していることはありますか?
2020年に向けて、私の強みである言語力をさらに活かせるよう、韓国語も勉強したいと考えています。
世界中の人とコミュニケーションがとれることを楽しみにしています。ぜひ参加したいです!