よくあるご質問

FAQ

ボランティアに関するよくあるご質問をご紹介します。

大会ボランティアと都市ボランティアについて

大会ボランティアと都市ボランティアの違いは何ですか。
大会ボランティアは、東京2020組織委員会が募集し、競技会場、選手村などの大会関係施設において大会運営に直接携わるボランティアです。
都市ボランティアは、東京都を含め競技会場が所在する自治体が募集し、空港・主要駅・観光地などで観客や観光客の案内をするボランティアです。
東京2020大会のボランティアは、東京2020組織委員会が募集する8万人の大会ボランティア、東京都が募集する3万人の都市ボランティア、さらに競技会場が所在する自治体が募集する都市ボランティアを合わせて11万人以上の活躍を想定しています。
- 大会ボランティア 都市ボランティア
運営主体 組織委員会 東京都
活動場所 競技会場、選手村等の大会関係施設 空港・主要駅・観光地、競技会場の最寄駅周辺およびライブサイト
活動内容 観客サービス、競技運営サポート、メディアサポートなど 国内外からの旅行者に対する観光・交通案内、競技会場までの観客の案内およびライブサイト運営のサポート

都市ボランティアについては、競技会場が所在する自治体それぞれにおいても、募集・運営を行います。
都市ボランティアを含む情報は以下のページをご覧ください。
#2年後の夏|日本財団ボラサポ2020

活動期間・時間について

希望する会場の競技日数が10日に満たない場合はどうすればいいですか。
競技日以外にも、準備など大会期間の前後に活動していただく場合があります。
オリンピック・パラリンピックは必ず両方参加しなければならないでしょうか。
どちらかだけでも参加できます。両方参加していただく場合は、それぞれ10日以上、合計20日以上となります。
ボランティアの1日の活動イメージを教えてください。
活動時間は、休憩・待機時間を含み、1日8時間程度です。

例1.活動分野「案内」のボランティア活動例 7月25日(開会式翌日)

例2.活動分野「メディア」のボランティア活動例

※ べニューメディアセンター:競技会場に隣接している施設で、競技を取材する記者やフォトグラファーが集まります。べニューメディアセンターの稼働時間は長いため、ボランティアはシフトを組み、交代時に引き継ぎを行います。

応募について

大会ボランティアと都市ボランティアの両方に応募することはできますか。
両方に応募できます。両方に応募し、活動される場合は、活動日が重複しないようご注意願います。
何歳から応募できますか。
2002年4月1日以前に生まれた全ての方に応募していただけます。
「日本に滞在する在留資格」というのは、長期ビザの取得が必要ですか。
「日本に滞在する在留資格」とは、日本に合法的に滞在できるすべての在留資格を指すため、「短期滞在」の在留資格も含まれます。
英語が苦手なのですが、応募できますか。
語学力を必要としない活動内容も多くあるため、語学に自信がない方でも、ボランティアとして活躍したいという熱意を持っている方には、積極的に応募いただきたいと考えています。 外国から選手・大会関係者・観客が多く来日することや、ボランティアにも多くの外国人が参加することも想定されるため、外国語での挨拶や日常会話などができると、より楽しんで活動いただけるのではないかと考えています。
障がいがありますが、ボランティアに応募できますか。
障がいの有無にかかわらず、より多くの方に応募いただきたいと考えています。
オリエンテーションや研修・活動において配慮・サポートが必要な方は、応募登録の際にその旨を記載してください。
活動分野は最大3つまで選択できると書いてありますが、希望どおりになりますか。
「希望する役割・活動場所等」と「実際の役割・活動場所等」のマッチングにより、必ずしも希望に添えない場合があります。
役割によって、特別な資格は必要ですか。
「移動サポート」の一部の役割では、普通運転免許が必要です。その他の役割については、特別な資格を必要としていません。
過去大会、ラクビーワールドカップ、東京マラソンなどでのボランティア経験は考慮されますか。
スポーツボランティアをはじめとするボランティア経験がある方には、ぜひ応募していただきたいと考えています。
応募期間は12月上旬までとのことですが、具体的な日にちを教えてください。
応募締め切り日については、応募状況等を勘案しつつ、決まりましたら大会ボランティア特設サイト等でお知らせします。
自分が携わりたい競技を選ぶことはできますか。
希望する活動場所(都道県単位)や活動分野は選べますが、具体的な競技は選べません。また、活動分野で「競技」を選択した場合でも、競技とは直接関係のない活動をする場合があります。
活動する競技会場を選ぶことはできますか。
希望する活動場所(都道県単位)は選べますが、具体的な競技会場は選べません。また、競技会場以外の大会関係施設で活動する場合もあります。
障がい者、高齢者はどのような活動分野・内容に応募すればよいのですか。
障がい者、高齢者だからといって活動分野に制限はございません。まずはご自身が何をやりたいかお聞かせください。活動において配慮・サポートが必要な方は、応募登録の際にその旨を記載してください。そのうえで何ができるか一緒に考えていければと思います。
募集人数以上の応募があった場合、どういった選考になるのですか。
マッチングされた方から順次、オリエンテーションの案内をします。早い方は2019年1月からお知らせし、遅い方は7月頃になる予定です。マッチング不成立の場合は2019年9月ごろにお知らせする予定です。

オリエンテーション・研修について

離島に住んでいますが、海外在住者と同様、テレビ電話でオリエンテーションや研修を受けられますか。
国内在住の方は、応募登録時に選択した会場でオリエンテーション・研修を受けていただきます。
海外在住者ですが、テレビ電話ではなく日本国内でオリエンテーションや研修を受けることはできますか。
日本国内で受けることができます。
オリエンテーションや研修は英語以外の外国語に対応していますか。
日本語と英語で実施する予定です。
オリエンテーションの案内をもってボランティアに採用されたと考えてよいですか。
2020年3月以降にお知らせする活動分野・内容・会場のお知らせを承諾いただいた時点で、マッチング成立と考えています。
どのくらいの人数をオリエンテーションに案内するのですか。
過去大会でも一定数の辞退者がいたと伺ってますので、具体的な人数は未定ですが、辞退者の見込み数等を考慮のうえ、オリエンテーションに案内する予定です。
オリエンテーションや研修は平日のみ行うのですか。
土日祝日における実施や平日でも夕方以降に実施するなど、応募者の利便性を考慮したスケジュールを検討しています。
東京都内に住んでいる応募者が、都外でのオリエンテーション・研修を希望することは可能ですか。
希望いただくことは可能です。ただし、都外会場は開催日数が限られているため、都外在住の方がなるべく多く参加できるよう、都内在住者の方には、なるべく都内の会場でオリエンテーション・研修を受講していただくようご協力をお願いします。
ボランティアはテストイベントにも参加するのですか。その期間は活動期間に含まれるのですか。
一部の方にはテストイベントにも参加いただきたいと考えています。ボランティアの活動日数(10日以上)とは別となります。テストイベントの活動の詳細は別途お知らせします。

応募登録について

言語の切り替えはできますか。
画面上にある「国旗のマーク」で日本語・英語の切り替えができます。
ID(メールアドレス)は変更できますか。
ID(メールアドレス)の変更はできません。
別途メモを保管するなど、忘れないようお願いします。
ID(メールアドレス)を忘れてしまいました。
忘れた場合はマイページへのログインができなくなり、再度応募登録が必要となります。登録内容は引き継がれませんので、はじめから再度入力いただく必要があります。
パスワードの設定ができません。
パスワードは、9桁以上で設定してください。
また、下記の3種類が全て含まれた文字列での設定をお願いします。
半角英小文字(a-z)、半角英大文字(A-Z)、半角数字(0-9)
パスワードを忘れてしまいました。
大会ボランティア マイページログイン画面の左下にある「パスワードをお忘れの場合はこちら」をクリックし、パスワードの再設定を行ってください。
パスワード再発行の依頼をしても、メールが届きません。
ログインID(メールアドレス)が正しく入力されているかご確認ください。
(ログインID(メールアドレス)以外のメールアドレスを入力されても、メールは届きません)。
どの項目が「必須」の入力ですか。
入力欄が「黄色」になっている項目が入力必須項目です。
ただし日本国籍をお持ちの方は、STEP1の「氏名(姓・名)」も必須項目となります。
入力中にエラーがでました。エラーの対処方法が分かりません。
応募フォームの送信時にエラーがある場合は、右下にアラートが表示され、該当の回答欄が赤枠で表示されます。アラートを確認をうえ、再度入力してください。
写真登録ができません。
登録できる写真は、下記のファイル形式、ファイルサイズになりますので、ご確認ください。
ファイル形式:JPG、JPEG、PNG、BMP
ファイルサイズ:50KB~5MB
生年月日の登録がうまくできません。
次の操作でご登録ください。

1.上部の年月をクリックすると2010-2019の年選択に変わります。

(例)1980年1月1日の場合

「《 」をクリックすると1900-1999の年代選択に変わります。

3.生年を選択してください。
「<」「>」のクリックで月を選択。該当月が表示されたら、日付を選択してください。
生年月日が正しく入力されていることをご確認ください。

応募登録が完了できたかどうかは、どこで確認したらよいですか。
マイページ画面内の「マイステータス」で確認できます。
マイステータスの表示が「応募受付済」の方は、応募登録が完了しています。
応募を完了しても、メールが届きません。
以下の対策をお試しください。

・STEP2の「連絡先」で登録したメールアドレスが、お受け取り可能な実在するメールアドレスかご確認ください。
・正しく入力されているか(全角・半角など含む)をご確認のうえ、再度メールアドレスの入力をお試しください。
・携帯メールをお使いの場合、迷惑メールフィルタ設定によりメールが届かない、又は迷惑メールフォルダに入っている等、受信設定により受け取れない場合があります。 設定の解除及び適切な設定をお願いします。
なお、本サイトから送信されるメールアドレスは以下です。
no-reply@volunteer.tokyo2020.jp
応募時に登録した内容は変更できますか。
登録後の変更はできません。変更したい場合は、再度応募登録してください。
ただし、以下の項目は登録後も変更可能です。

STEP1:氏名、写真等
※「配慮・サポート」を除く。
※2020年3月以降予定している「役割・会場のお知らせ」受取以降は、登録内容の変更はできません。

STEP2:住所、連絡先等
※メールアドレスを変更した場合は、再度メールアドレス認証が必要です。
※連絡先のメールアドレスを変更しても、ID(メールアドレス)は変わりません。

尚、再度応募するには、マイページ「大会ボランティアへの参加を辞退しますか?」より辞退いただき、再度新規登録をお願いします。
その際、一度使用したメールアドレスではID登録できませんので、ご注意ください。

活動分野・内容について

活動分野「競技」では選手の近くで活動するのですか。
競技エリアで試合の進行をサポートすることもあれば、競技場の裏側での活動もあるため、必ずしも選手の近くの活動だけではありません。
活動分野「アテンド」で求められる語学力のレベルを教えてください。
必要なレベルの設定はありません。それぞれの語学力に応じた様々な活動があります。
また、語学力を必要としない活動内容もあります。
9種類の活動分野のうち、活動場所(都道県)によっては、活動そのものがないものはありますか。
現在、どの活動場所で、どの活動内容があるのか、精査しているところです。今後の検討状況や競技スケジュールの確定内容次第では、活動場所(都道県)によって活動自体が存在しない活動分野が生じる場合もあります。

お渡しするグッズ等について

保険について(保険の適用年齢、適用範囲、費用負担など)教えてください。
全ての大会ボランティアの方に、ボランティア活動中を対象とした保険を東京2020組織委員会で手配します(個人負担はありません)。
皆さまが安全に活動していただけるような最適な保険を現在検討中です。
交通費相当(1,000円/日)とは具体的には何ですか。
プリペイドカード等をお渡しすることを検討しています。
交通費相当(1,000円/日)の金額は都内在住者も地方在住者も変わらないのでしょうか。
居住地を問わず、全員一律に1,000円/日をお渡しします。
地方在住者が東京での活動となった場合、交通費や宿泊費は支給されますか。
活動期間中における滞在先までの交通費や宿泊は、 自己負担・自己手配となります。居住地を問わず全員一律に、滞在先から会場までの交通費相当として1,000円/日をお渡しします。

その他のご質問

大会ボランティアについて、まとめられたリーフレットはありますか。
東京2020大会ボランティアのリーフレットは、PDFでもご覧いただけます。

東京2020大会ボランティア リーフレット(PDF:4,007 KB)

ボランティアプログラムはどのように検討されましたか。
東京2020組織委員会と東京都で、東京2020大会の開催に向けたボランティアの基本的な考え方を「東京2020大会に向けたボランティア戦略」としてまとめました。

東京2020大会に向けたボランティア戦略(概要)(PDF:328.1 KB)

東京2020大会に向けたボランティア戦略(本文)(PDF:1.7 MB)

「東京2020大会に向けたボランティア戦略」の策定に際しては、ボランティア運営に関わる有識者や経験者、選手などから構成される「ボランティアアドバイザリー会議」での意見を参考にしました。

ボランティアアドバイザリー会議委員

小澤直氏 日本財団パラリンピックサポートセンター常務理事
河合純一氏 パラリンピアン(水泳)、組織委員会アスリート委員
西川千春氏 ロンドン・ソチ・リオ大会などにおけるボランティア経験者
二宮雅也氏 文教大学人間科学部人間科学科准教授
日本スポーツボランティアネットワーク理事
萩原智子氏 オリンピアン(水泳)、組織委員会アスリート委員
山本悦子氏 一般財団法人 東京マラソン財団 ボランティアセンター長
募集要項はどのように検討されましたか。
募集要項の策定に際しては、ボランティア運営に関わる有識者や経験者、選手に加えて、より幅広い専門家の知見を取り入れるために設置した「ボランティア検討委員会」での意見を参考にしました。

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会 大会ボランティア募集要項(PDF:802.0 KB)

ボランティア検討委員会委員

(座長以下50音順 敬称略)
日本私立学校振興・共済事業団 理事長
慶應義塾学事顧問
(座長)清家 篤
西村あさひ法律事務所 パートナー 太田 洋
日本財団ボランティアサポートセンター 常務理事 小澤 直
日本テレビ放送網株式会社 取締役 執行役員 粕谷 賢之
パラリンピアン(水泳)、東京2020組織委員会アスリート委員 河合 純一
笹川スポーツ財団 常務理事 中島 光
東京商工会議所 常務理事 西尾 昇治
オリンピックボランティア経験者 西川 千春
文教大学人間科学部人間科学科 准教授 二宮 雅也
オリンピアン(水泳)、東京2020組織委員会アスリート委員 萩原 智子
一般財団法人 東京マラソン財団 ボランティアセンター長 山本 悦子
電話やメールで問い合わせをすることはできますか。
TOKYO 2020 大会ボランティア運営事務局にて、日本語または英語で受け付けます。

電話番号:ナビダイヤル 0570-08-2020(IP電話・国際電話等の場合:045-330-3036)
※平日9:00~17:45受付
※応募受付開始に合わせて、下記日程は時間延長等を行います。
9月26日(水)9:00~22:00、9月27日(木)9:00~22:00、
9月28日(金)9:00~22:00、9月29日(土)9:00~17:45、
9月30日(日)9:00~17:45

メールアドレス:contact-center(at)volunteer.tokyo2020.jp
※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。

中・高校生は応募できますか。
大会ボランティアについては、2002年4月1日以前に生まれた方を応募対象としており、2020年3月31日時点で18歳未満(中・高校生)の方は対象外になります。中・高校生には、今回募集する大会ボランティアとは別の形で、大会へ参画する機会を提供できるよう、現在検討しているところです。
海外からボランティアに参加する場合は、大会何日前までに日本に到着したらよいでしょうか。
ボランティアとして活動いただく日程と海外在住者向けの研修日程については、別途お知らせします。ボランティアとして活動いただくために支障がないように配慮します。
暑さ対策についてどのような検討をされてますか。
ボランティアを含む東京2020大会の大会スタッフ向けの暑さ対策について現在検討しており、具体的には活動場所や活動分野・内容に応じた適切な休憩を取れる管理体制をとること、暑さ対策に考慮した配布物の工夫(ユニフォーム等)、水分補給等の環境整備などについて検討しています。
どのような人に参加してほしいですか。
何よりも「大会を成功させたい」「大会ボランティアとして活躍したい」という方の応募をお待ちしています。