聖火採火式・聖火引継式

聖火採火式

ギリシャ古代オリンピア市聖火採火式

東京2020オリンピック聖火リレーで約1万人のランナーがつなぐ聖火は、2020年3月12日(木)古代オリンピック発祥の地ギリシャ・オリンピア市にあるヘラ神殿跡で採火されます。古代の衣装に身を包んだ巫女(女優)が、凹面鏡で太陽光を集め、採火した聖火は、第一聖火ランナーに引き渡され、ギリシャ国内での聖火リレーが開始されます。第一聖火ランナーの走行の後に、最初に聖火をつなぐ第二聖火ランナーは、開催国である日本からの選出となります。今回は、日本の代表として、アテネ2004大会でご活躍された野口みずきさんに聖火ランナーとして走行いただきます。

聖火採火式後第二聖火ランナー

野口みずきさん

オリンピアン。三重県出身。
ハーフマラソンの女王がフルマラソンに転向後、初めて参加した2002名古屋国際女子マラソンで優勝を飾る。アテネ2004大会では女子マラソンで金メダルを獲得。その後出場した2005年ベルリンマラソンではアジア・日本最高記録を樹立。2016年で現役引退後の現在は、社会人陸上競技部のアドバイザーとして後進の育成を行うと共に、マラソン解説者としても活動を行う。

野口みずきさんコメント
この度は私にとって特別な場所であるギリシャで聖火ランナーを務めさせていただきます。感激と感謝の気持ちでいっぱいです。 アテネ2004オリンピック以来16年振りのギリシャ訪問になりますが、当時の思い出とこれから始まる東京2020オリンピックへの希望、聖火リレーの重みを感じながら聖火を繋ぎたいと思います。

聖火引継式

ギリシャアテネ市聖火引継式

ヘラ神殿で採火された聖火は、1週間のギリシャ国内での聖火リレーによって繋がれます。そして、2020年3月19日(木)ギリシャの首都アテネのパナシナイコスタジアムで開催される聖火引継式で、ギリシャオリンピック委員会より聖火が東京2020組織委員会に引き継がれることとなります。聖火引継式前の2名のランナーは、開催国である日本側からの選出となり、ギリシャ側で選出される最終ランナーに聖火をリレーします。今回は、日本の代表として、アテネ2004五輪でご活躍された野村忠宏さんと吉田沙保里さんに聖火ランナーとして走行いただきます。

野村忠宏さん

オリンピアン。奈良県出身。
アトランタ1996大会、シドニー2000大会、アテネ2004大会にて、柔道男子60キロ級で金メダルを獲得。柔道史上初、全競技を通じてアジア人初となるオリンピック3連覇を達成。現役引退後、国内外にて柔道の普及活動を展開。東京2020大会入賞メダルデザインコンペティション審査会の審査員を務める。

野村忠宏さんコメント
オリンピック発祥の地ギリシャで、聖火ランナーとして走行できることを大変光栄に思います。
オリンピアンとしての誇りと東京2020オリンピックへの熱い想いを胸に、1歩1歩大切に走り、オリンピックのシンボルである聖火をつなげていきたいと思います。

吉田沙保里さん

1982年10月5日生まれ。三重県出身。久居高から中京女子大(現・至学館大)卒。父・栄勝が自宅の道場で開く一志ジュニア教室で3歳からレスリングを始め、幼少から各世代大会を制する。2002年、世界選手権に初出場初優勝し、2015年大会まで13連覇。オリンピック競技大会ではアテネ2004大会からロンドン2012大会まで3連覇。2012年に五輪と世界選手権を合わせ、世界大会13連覇を達成し、国民栄誉賞を受賞した。リオ2016大会銀メダル。世界大会16連覇、個人戦では206連勝。2019年1月、33年間の現役生活に区切りをつけ、引退を表明した。

吉田沙保里さんコメント
初めて出場したオリンピックはギリシャでした。その思い出の地でもあるオリンピックの聖地、ギリシャを走ることは大変光栄です。採火された聖火をしっかり日本へ、東京へ繋ぎたいと思います。

東京2020文化パート監督 EXILE HIROさん

聖火引継式では、最終ランナーが登場する前に、ギリシャ側および開催国の文化パフォーマンスを実施いたします。今回は、東京2020組織委員会の文化教育委員会の委員でもあるEXILE HIROさんに東京2020文化パートの監督を担当頂きます。

神奈川県出身。1990年にZOOのメンバーとしてデビュー。1999年J Soul Brothersを結成し、2001年EXILEと改名して再始動。パフォーマー兼リーダーとして、EXILEを国民的グループに押し上げる。2013年パフォーマーを勇退。
2015年3月、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 文化・教育委員会委員に就任。同年12月、日本の芸術文化の振興に貢献しているとして文化庁長官表彰を受ける。
2017年からLDH新体制においてLDH WORLDのチーフ・クリエイティブ・オフィサーとしてクリエイティブを統括し、世界の拠点と連携し世界基準でのエンタテインメント創造に情熱を注いでいる。

EXILE HIROさんコメント
このたびは、ギリシャアテネ市での東京2020オリンピック聖火引継式東京2020文化パート監督に任命いただき、大変名誉なことと感じるとともに、身が引き締まる思いです。
東京2020オリンピック聖火リレーコンセプトである「Hope Lights Our Way / 希望の道を、つなごう。」という想いを、日本の未来への希望でもある子ども達を中心にしたパフォーマンスで表現したいと考えています。
元気あふれる日本の子ども達のパフォーマンスを世界に発信し、東京2020へ向けての盛り上げに貢献できるように、そして、子ども達にとっても、この経験が未来に繋がるように全力を尽くして取り組ませていただきたいと思います。