エンブレム・トーチ・
ユニフォーム

東京2020オリンピック聖火リレーエンブレム

東京2020オリンピック聖火リレーエンブレムは、東京2020オリンピックブランドの一貫性を保ち、ファミリーであることがわかるように、大会エンブレムをデザインの起点としています。

大会エンブレムを構成する3つの四角形を聖火の炎と見たて、炎のダイナミックな動きを表現しています。また、日本らしさを表現するデザインモチーフとして、「拭きぼかし」という浮世絵の技法を用いました。

色彩は、東京2020オリンピック聖火らしい炎となるよう、日本の伝統色を用いています。
エネルギッシュ、情熱的、愛情深い、行動力があるといったイメージのある「朱(しゅ)」に、大地を連想させる「黄土(おうど)」を組み合わせ、日本らしい祝祭感を醸し出します。

聖火ランナーとともに、日本の豊かな大地を駆け抜けていく聖火が、未来へと続く、「希望の道」を照らし出していきます。

東京2020オリンピック聖火リレートーチ

東京2020オリンピック聖火リレーで用いるトーチは、 日本人に最もなじみ深い花である桜をモチーフとしています。2020年3月、桜の季節の訪れとともに、オリンピック聖火は「Hope Lights Our Way / 希望の道を、つなごう。」という東京2020オリンピック聖火リレーのコンセプトと一体となり、日本全国を巡ります。

伝統と現代技術の融合

日本のかたち、桜紋。
オリンピックトーチは、その伝統的な形を、新幹線の製造にも使われている製造技術(アルミ押出成形)を用いて形作っています。
継ぎ目のない、ひとつなぎのトーチ。
日本の伝統と高い技術力がひとつになることで生み出された、東京2020オリンピック聖火リレーを象徴するかたちです。

桜紋
桜紋
トーチ製造過程1
トーチ製造過程1
トーチ製造過程2
トーチ製造過程2

復興への想いと持続可能性への配慮

オリンピックトーチの素材の一部には、東日本大震災の復興仮設住宅のアルミ建築廃材を再利用しています(※)。人々の生活を見守ってきた仮設住宅が、平和のシンボルとしてオリンピックトーチに姿を変え、一歩ずつ復興に向けて進む被災地の姿を世界に伝えます。

※オリンピックトーチに用いられている再利用アルミの含有率は約30%です。

美しく、燃え続ける炎

オリンピックトーチは、聖火のかたちもデザインされています。
花びらから生み出された5つの炎は、トーチの中央でひとつとなり、より大きな輝きで「希望の道」を照らします。
聖火を灯す燃焼部には、聖火を保ち続けるために、火力の強い青い炎と、火のない燃焼(触媒燃焼)の2つの燃焼が、聖火の赤い炎を支える仕組みが採用されています。
121日間という長期に渡る東京2020オリンピック聖火リレー。
時間や季節、気候、地域によって大きく変化する日本の環境の中で、美しく、力強い炎をともし続けます。

花びらから生み出された5つの炎

すべての人のためのトーチ

オリンピックトーチは、重さや握りの形状にも配慮しています。年齢や性別を問わず、誰にとっても扱いやすいトーチです。

トーチの仕様

全長 710mm
本体重量 1.2kg(本体約1kg+燃料部200g)
桜ゴールド
主な素材 アルミニウム(仮設住宅由来の再生アルミニウム約30%を含む)

トーチ制作者

企画・デザイン 吉岡徳仁デザイン事務所
トーチ筐体 株式会社UACJ押出加工
素材 株式会社LIXIL
燃焼機構 新富士バーナー株式会社
燃料・燃料ボンベ ENEOSグローブ株式会社

トーチ映像・トーチ製造過程映像

東京2020オリンピック聖火リレートーチおよびトーチの製造過程を映像でご紹介します。

トーチ選定審査員

オリンピックトーチは、2回の審査会を経て、デザイン、技術、それぞれの分野の有識者の手によって、最も東京2020オリンピック競技大会にふさわしいものとして選定されました。

(2019年3月20日現在)
五十音順

リンナイ株式会社執行役員生産技術部長 井上 一人
東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 参与
東京2020聖火リレー検討委員
上治 丈太郎
一般社団法人日本エルピーガス供給機器工業会専務理事 榎本 正徳
一般社団法人地球温暖化対策技術会技術顧問 大谷 繁
デザインディレクター
大阪大学名誉教授
名古屋市立大学名誉教授
川崎 和男
一般社団法人日本ガス石油機器工業会ガス機器技術委員長
株式会社ガスター 経営管理部所属
駒木 裕史
パラリンピアン(射撃)
一般社団法人日本パラリンピアンズ協会理事
田口 亜希
オリンピアン(水泳)
東京2020聖火リレー検討委員
武田 美保
武蔵野美術大学学長 長澤 忠徳
デザインディレクター
ヒロタデザインスタジオ マネージングディレクター
女子美術大学教授
廣田 尚子
プロダクトデザイナー
ナオトフカサワデザイン代表
多摩美術大学教授
日本民藝館館長
深澤 直人
国立環境研究所 社会環境システム研究センター 主任研究員
公益財団法人地球環境戦略研究機関プログラムディレクター
東京2020街づくり・持続可能性委員 脱炭素WG座長
藤野 純一
文化庁長官 宮田 亮平
アートディレクター / デザイナー
ドリルデザイン共同代表
安西 葉子
株式会社長府製作所品質保証部 部長 山本 啓

東京2020オリンピック聖火リレー聖火ランナーユニフォーム

デザインコンセプト

「Hope Lights Our Way (英語) / 希望の道を、つなごう。(日本語)」という東京2020オリンピック聖火リレーのコンセプトに基づき、リレーらしさ、日本らしさとともに、東京2020大会との連続性を重視しています。
東京2020オリンピック聖火リレーは、古代オリンピアから、東京2020オリンピック競技大会開会式まで一つの聖なる火をつないでいくものです。
本デザインは、一人一人の聖火ランナーによって紡がれた1本の希望の道が、聖火によって照らされ、オリンピック本番へ向かっていく様を、胸の中央にあしらった東京2020オリンピック聖火リレーエンブレムを起点に、大会ルックの市松模様を介して、背中のオリンピックシンボルにつなげることによって表現しています。斜めがけのデザインは、神事に起源を持ち、日本で開催されるリレーで伝統的に使用される襷(たすき)をモチーフとし、日本らしさと同時に聖火リレーに対する敬意と大会成功への祈念を込めています。

聖火ランナーユニフォームデザイン監修

尾花 大輔(おばな だいすけ)

1974年、神奈川県生まれ。
古着屋からキャリアをスタート。ショップマネージャーやバイヤーを経験の後、自身のブランドであるN.HOOLYWOODを設立。
2002年 コレクションの発表を皮切りに、東京コレクションに参加し、現在ではニューヨークへ発表の場を移す。
ファッションのみならず、多岐にわたるコラボレーションを手掛ける世界的に活躍する一人。
古い伝統や価値を大切にしながら、新しい価値観を導きだすことを得意とする。

持続可能性への配慮について

東京2020オリンピック聖火リレーランナーのユニフォームには、コカ・コーラ社の協力により、同社内で回収したPETボトルをリサイクルした素材を用いています。