pyeongchangtotokyo

平昌パラスキー距離、新田佳が金 アルペン鈴木は途中棄権

(平昌共同)
平昌冬季パラリンピック第9日(17日)ノルディックスキー距離はクラシカル走法のレースを実施し、男子10キロ立位で新田佳浩が金メダルを獲得した。スプリント・クラシカルの「銀」に続く表彰台で、2冠を果たしたバンクーバー2010大会に続いて自身3個目の金メダルとなった。日本が今大会で獲得したメダルは9個。
川除大輝は10位、佐藤圭一は11位。視覚障害の高村和人は11位だった。
アルペンスキー男子は最後の種目となる回転の1回目が行われ、座位で滑降銀メダルの森井大輝が5位だった。2連覇を狙った鈴木猛史は転倒し、狩野亮、夏目堅司とともに途中棄権した。

スキー距離男子10キロクラシカル立位でゴール後、スタンドに向かってスキーを掲げる新田佳浩。金メダルを獲得した=平昌(共同)

スキー距離男子10キロクラシカル立位でゴール後、スタンドに向かってスキーを掲げる新田佳浩。金メダルを獲得した=平昌(共同)