東京2020オリンピックの実施種目が決まり、2020年がぐっと近づいた気分がしませんか?
TOKYO 2020 マガジン
<Vol.11>
こんにちは!TOKYO 2020 マガジン編集部です。

東京2020オリンピックの実施種目が決まり、2020年がぐっと近づいた気分がしませんか?
そんな迫りくる未来を彩る数々のプロジェクトに、今回もクローズアップしていきます。
東京2020オリンピック実施種目が決定!
オリンピック史上初!バスケットボール3×3や、自転車BMXフリースタイルをはじめとした新しい種目が、TOKYOから世界を湧かすことに。今回の決定で東京2020オリンピックの実施種目数は339種目、選手数の上限は11,090人となりました。
もっと詳しく
 
組織委員会メンバーからのイチオシ商品
こんにちは!東京2020公式ライセンス商品のPR担当です。
ジメジメした天気が続きますが、キモチだけでも前向きにいきたいところ。
ピンバッジ・文房具
6月よりペンケースやボールペン、シャープペンなど、ステーショナリーの新ラインナップの取り扱いを開始致しました。商品の詳細は東京2020オフィシャルオンラインショップにてご確認くださいね。
もっと詳しく
 
編集部のオススメ
野村萬斎さんインタビュー!
開会式・閉会式で、世界にどのようにTOKYOをアピールするか考える「みんなでつくる開会式・閉会式!」。人気狂言師らのアイディアとは!?
もっと詳しく
柔道・羽賀龍之介選手インタビュー!
東京2020組織委員会オフィスをメダリスト・羽賀龍之介選手が訪問。トークセッション「Athlete×Tokyo 2020」を公開中。
もっと詳しく
ボランティア経験者インタビュー
Vol.03~05は、東京マラソン2017でボランティア活動をされた方達へのインタビューです。第1弾となる今回は、大学生の鈴木達也さん。ボランティア活動を通して感じたことや、参加するモチベーションについて教えていただきました!
もっと詳しく
ゴミ拾いは、スポーツだ!
制限時間内に拾ったゴミの質と量で競い合う、地球にやさしいスポーツ「世界環境デー 東京2020スポGOMI大会」を開催。
もっと詳しく
 
TOKYO 2020 イベント情報
・日本全国で既に10,000件が実施され、のべ280万人が参加しました!(2017年5月時点)
・7/20から「東京2020応援プログラム」の申請対象が拡大します。
・さらに、東京2020大会を盛り上げるため、「夏祭り」を期間限定の応援プログラムとして認証します。
イベントレポート プログラム紹介動画
7月の主なプログラム
【1】 未来(あした)への道1000km縦断リレー2017
主催:東京都、公益財団法人東京都スポーツ文化事業団
共催:公益財団法人東京都体育協会、公益財団法人東京陸上競技協会
日時:7月24日(月)~ 8月7日(月)
場所:青森県から東京都までの約1000km
   
【2】 武蔵野アール・ブリュット
主催:武蔵野アール・ブリュット実行委員会、武蔵野市
日時:7月7日(金)~ 7月10日(月)
場所:武蔵野市立吉祥寺美術館 他
   
イベント最新情報をチェック
 
2017年5月人気記事ランキング
1 東京2020大会
「東京2020大会マスコット応募要項」の発表について
2 東京2020大会
東京2020公式オリジナル商品ラインナップ追加!
3 東京2020大会
第8回マスコット選考検討会議を開催
 
Facebook Twitter Instagram Youtube
 
ワールドワイドオリンピックパートナー
東京2020ゴールドパートナー
このメールは東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会オフィシャルサイトにて、
メールマガジンの配信をご登録いただいた方にお送りしております。
配信停止はこちらからお手続き内容をご確認ください。
このメールにご返信いただいても、ご回答・ご返答はしかねますのでご注意ください。
発行元
公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
< お問い合わせ・よくあるご質問はこちらまで >
https://id.tokyo2020.jp/help
電話番号 0570-09-2020(有料)
受付時間 平日9:00-17:00 ※土日祝日、年末年始を除く
©The Tokyo Organising Committee of the Olympic and Paralympic Games. All rights reserved.
【本メールに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。】