共催プログラム

東京2020 NIPPONフェスティバルでは、組織委員会が主催するプログラムに加え、全国の自治体や文化芸術団体等と連携して実施する「共催プログラム」を行います。

共催プログラムは、東京2020大会を契機に実施される日本を代表する特別な文化プログラムを、大会公式文化プログラムであるNIPPONフェスティバルとして実施することで、日本が誇る文化・芸術を国内外に強く発信することを目指しています。

栃木県

とちぎ文化フェスティバル2020 ~栃木県総合文化センターリニューアルプレオープン記念公演~
2020年3月29日~30日

東京2020大会への参加機運を醸成するため、令和2年3月下旬に栃木県内で実施される聖火リレーと連携したイベントとして「とちぎ文化フェスティバル2020」を開催します。3月29日(日)に「とちぎで生まれたオーケストラ大集合!」、3月30日(月)に「劇場で味わう♡と・ち・ぎ~音楽絵巻風~」を行います。

開催場所:栃木県総合文化センター
主催者:栃木県

東京都

日本の自然と書の心「日本の書200人選~東京2020大会の開催を記念して~」
2020年4月25日〜5月10日

東京2020大会を記念し、日本の代表的な書家約200人の新作を中心に、障がい者の力強い書や、児童青少年のはつらつとした書、筆墨硯紙などの書道具の展示を通して、日本の伝統文化である書道文化が現代に息づいている形を総合的に展覧します。また、制作映像や書道体験など、訪日外国人にも理解できる構成にします。

開催場所:国立新美術館企画展示室(1E)
主催者:東京2020オリンピック・パラリンピック記念書展実行委員会、文化庁、独立行政法人日本芸術文化振興会

長野県

信州・アート・リングス ~文化でつながる。文化を創る。そして美しい未来へ~
2020年5月〜9月

長野県芸術監督団の小林研一郎による音楽公演、串田和美による演劇公演をはじめ、信州の自然を活かしたアーティスト・イン・レジデンス、信州ゆかりの作家による現代美術展や1998年長野冬季大会を契機とする障がいのある方の美術展、県内各地の芸能が白馬村に集結する伝統芸能公演により、信州文化の多彩な魅力を発信します。

開催場所:長野県内(県立文化会館、市町村立文化会館・美術館、民間レジデンス施設、アートスペース、学校、福祉施設など)
主催者:長野県、(一財)長野県文化振興事業団、長野県芸術文化協会、長野県教育委員会、信州ザワメキアート展2020実行委員会(仮)

静岡県

Festival d’Avignon (2017)Shizuoka Performing Arts Center ANTIGONE directed by Satoshi Miyagi
© Christophe Raynaud de Lage

ふじのくに野外芸術フェスタ2020静岡 宮城聰演出SPAC公演
2020年5月2日~5日(予定)

国際的に活躍するSPAC‐静岡県舞台芸術センターが、静岡市の中心地「駿府城公園」に野外舞台を設営し、芸術総監督宮城聰演出『アンティゴネ』を上演します。 同作は2017年アヴィニョン演劇祭の開幕を飾り、2019年にはニューヨーク「JAPAN2019」に招聘されました。「ふじのくに⇄せかい演劇祭」「ストレンジシード静岡」と一体となり、舞台芸術を中心にしたフェスティバル・シティとして、世界からの観客を静岡に迎え入れます。

開催場所:駿府城公園
主催者:ふじのくに野外芸術フェスタ実行委員会

滋賀県、福井県、東京都

2020インターナショナル小倉百人一首かるたフェスティバル
2020年5月23日〜5月31日

(一般社団法人)全日本かるた協会と、競技かるたに縁の深い地である文京区、大津市、あわら市の4者で、東京2020大会に向けて競技かるたイベントを開催します。競技かるた世界大会、視覚障がい者向けバリアフリー大会、未経験者向け体験会等、老若男女問わず様々な方に小倉百人一首や競技かるたの魅力を発信します。

開催場所:大津市会場 - 近江神宮、あわら市会場 - 清風荘、文京区会場 - 文京シビックセンター、講道館
主催者:一般社団法人 全日本かるた協会、大津市、あわら市、文京区

東京都

© Stefan Hoederath

東京・春・音楽祭特別公演 ベルリン・フィル in Tokyo 2020
2020年6月24日~27日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団による、東京2020オリンピック・パラリンピックのための特別公演。ベネズエラ出身で、「音楽がボーダーレスであることの体現」の一翼を担っているグスターボ・ドゥダメル指揮のもと、東京2020大会の祝祭感や震災復興・平和への祈りを込めたプログラムを演奏します。また野外公演は、都内では最大級の規模での開催を予定し、老若男女問わず気軽に楽しめる場をつくり、音楽によって観客と演奏者が一体となることを目指します。

開催場所:東京文化会館、野外会場(都内)
主催者:東京・春・音楽祭実行委員会

東京都

東京2020オリンピック・パラリンピック能楽祭
2020年7月~9月

前回大会時の「オリンピック能楽祭」に着想を得、各流儀の宗家、人間国宝らが一堂に会する史上例をみない大規模な“能楽フェスティバル”を開催します。国立能楽堂において、日本文化の豊かさや奥深さを体感できる次代を見据えた新たなイノベーション空間として蘇り、能楽を通した感動体験をあらゆる人々と共有します。

開催場所:国立能楽堂
主催者:公益社団法人能楽協会、一般社団法人日本能楽会

東京都

世界平和願いの祭典
2020年7月18日~19日

東京2020大会開幕直前、世界から様々な伝統的宗教の指導者、平和活動家、文化人、アーティストを招待し、世界の平和と東京2020大会の成功を願うイベントを行います。世界の⽂化を体感し、⽂化の多様性と平和について考えてもらい参加者との交流と相互理解を深めます。多くの方のご参加をお待ちしております。

開催場所:築地本願寺
主催者:世界平和願いの祭典 実行委員会

東京都

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会 安全祈願流鏑馬
2020年7月19日

天下泰平・万民息災を祈願して行われる流鏑馬を、東京2020大会の安全を祈念し特別に行います。大日本弓馬会の流鏑馬は、鎌倉時代由来の伝統文化ですが、技術を磨いて現代の馬にも対応し、高難度の速い馬・気性の荒い馬も乗りこなします。その迫力に皆で感動して、一緒に大会を盛り上げましょう。

開催場所:明治神宮西参道流鏑馬馬場
主催者:公益社団法人大日本弓馬会

福岡県

福岡和文化プロムナード 世界和太鼓フェスティバル
2020年7月25日(一部展示は7月24日から)

障がいのあるなし、国籍等に関わらず、世界に広く普及している和太鼓を中心としてU-18&世界和太鼓フェスティバルを開催します。同時に、福岡の芸術文化団体が日本舞踊や吟剣詩舞、茶道、いけばななどの和文化を披露することにより、福岡において、日本の和文化を体験していただきます。

開催場所:アクロス福岡 シンフォニーホール セミナー室 ホワイエ
主催者:福岡和文化プロムナード実行委員会

東京都

2020コカリナコンサート~国立競技場の木のコカリナと子ども達~
2020年8月23日

新国立競技場建設工事の為に伐採を余儀なくされた神宮の森の木が4000本のコカリナ(木のオカリナ)となり、東京や福島などの子ども達により演奏されています。伐採された木も一緒に東京2020に参加、ベートーベンの歓びの歌(第九)などを高らかに響かせます。

開催場所:新宿文化センター
主催者:NPO法人日本コカリナ協会

東京都

©山口敦

アンセム・プロジェクト 2020 in Suginami
2020年8月29日~8月30日

東京2020大会を記念し、日本フィルハーモニー交響楽団(指揮:山田和樹)と東京混声合唱団が各国の国歌や愛唱歌を演奏・合唱します。また、国境を超えて音楽を作るワークショップ等も行います。
アスリートの活躍で世界中が盛り上がる中、音楽を通して世界の広さを感じ、世界との距離を縮めることができるイベントです。

開催場所:杉並公会堂
主催者:日本フィル杉並公会堂シリーズ実行委員会

新潟県

わらアートまつり2020
2020年8月30日~

米どころ新潟を象徴する稲作農業。その副産物である「稲わら」を材料にした巨大なオブジェ「わらアート」を美術大学生と市民との協働により制作・展示します。また、障がい者アートや、マンガ・アニメともコラボレーションするなど、日本文化を広く発信するとともに、多様な人々の交流を創出します。

開催場所:上堰潟公園
主催者:新潟市