東京2020 NIPPONフェスティバル Blooming of Culture 文化は出会いから花開く。

東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて、
全国でくり広げられる文化の祭典、それが東京2020 NIPPONフェスティバルです。
日本にあらゆる国の人が集う本大会に先駆けて、
様々な人と文化が交流する場となるはずです。
地方と都市。日本と世界。
あらゆる境界を超え、ひとつになるその時。
きっと、かつてない文化が生まれるでしょう。
きっと、多様性の力と素晴らしさを実感するでしょう。
きっと、新たな文化と感動が未来につながってゆくでしょう。
その主役は、私たちひとりひとり。
そして舞台は、この国のあらゆるまちとまち。
日本各地の熱気と多様性の融合から、すべては始まります。
東京2020 NIPPONフェスティバル。それは、
この国の新たな可能性を開くフェスティバルです。

テーマ

大会に向けた祝祭感

東西を代表する無形文化遺産と
舞台芸能の融合による
世界初の舞台を2020年東京で実現

歌舞伎もオペラも、いずれも“生身の身体の可能性”を表現する舞台芸術です。
“平和を尊ぶ”市民活動の中で発祥し、発展してきた歴史的背景、そして娯楽から舞台芸術へ昇華した成り立ち等、多くの類似点を持っています。
『オリンピックの価値』を基軸として、現在の東京、ひいては日本が世界に発信すべきテーマを表現する芸術分野として「歌舞伎」と「オペラ」を選定し、出演者はもちろん、音楽・舞台芸術・スタッフなど、あらゆる観点からの融合に挑み、“東洋と西洋の文化の融合と共生、伝統と現代の対比”という形で、2020年以降にもレガシーとなるような新しい日本文化を東京から世界へ発信します。

市川 海老蔵Ichikawa Ebizo Ⅺ

後日公開予定
実施時期
2020年4月頃(主催プログラムのキックオフイベントとして実施)
場所
都内予定
※詳細は後日発表予定

テーマ

参加と交流

世界の人々と、出会い、話し、共創し、
TOMODACHIになる。

東京2020大会は過去最多の国と地域が参加します。
オリンピック・パラリンピックで世界中のアスリートたちが参加交流するように、日本と世界の子供たちを中心に、多くの方々にご参加いただき、
さまざまな日本の古典から現代までの踊りや謡などの体験を通して交流していただきます。
フィナーレは、参加いただいた方々によって創り上げられ、ここTOKYOで心が一つになる演出を考えています。
まさしく「参加交流することが世界平和に繋がる」という、オリンピックの理念に基づき、東京2020大会の栄えある開幕を飾るにふさわしい事業として、古典から現代のアーティストの方々にご参画いただき、皆様の心に残る事業にすることを目指しております。

後日公開予定
実施時期
2020年7月(オリンピック大会開幕直前)
場所
都内予定
※詳細は後日発表予定

テーマ

共生社会の実現に向けて

ONE - Our New Episode -

事業テーマは「違う個性。同じ鼓動」。
一人ひとり個性も特徴も違うが、みんな同じ鼓動を 持った同じ人間として、また、障がい者や健常者、LGBTなど様々なジャンルの方々が
街中で繰り広げられる「音楽」「文化」「アート」「パフォーマンス」などに、その個性を輝かせ、個性を目撃し、混ざり合うことで、
誰もが何かを感じ、気づき、変わり始めていく。
多くの皆さまが参加しあうそんな「ダイバーシティ&インクルージョン」の新しい文化創造事業を展開します。

小橋 賢児 Kenji Kohashi

コメント
本来、日本がもつ和の精神とは調和の和だと思っています。しかし、同調圧力の中で育った僕たちは他人を認めるどころか 自分自身を認めることもなかなか困難な社会に生きているのが現状です。それでも細胞レベルでいえば、みんな同じ性質、同じ素材から成り立っているのです。1イベントができることは小さいかもしれませんが、オーケストラのように多様な個性が混じり合い奏でられたハーモニーを通じて、他人を知り、そして自分を知るというプロセスの中で互いを認めあえる社会へのきっかけがつくれたら幸いです。
プロフィール
LeaR株式会社 代表。クリエイティブディレクター。1979年8月19日生まれ。東京都出身。「ULTRA JAPAN」のクリエイティブ・ディレクターや「STAR ISLAND」の総合プロデューサーを歴任。「STAR ISLAND」が内閣府主催「クールジャパン・マッチングフォーラム2017」にて審査員特別賞を受賞。
同イベントがシンガポール政府観光局公認のカウントダウンイベントを成功させるなど、世界規模のイベントや都市開発などの企画運営にも携わる。

もっと見る閉じる

実施時期
2020年8月パラリンピック大会直前期
場所
渋谷区

テーマ

東北復興

しあわせはこぶ旅 モッコが復興を歩む東北からTOKYOへ

2019年5月29日にお披露目された、1/10サイズのモッコの模型

最後のプログラムは「東北復興」をテーマに、2020年5月から7月にかけて、東北各地と東京を舞台としたプログラムを展開します。
この企画のために作られた巨大人形(モッコ)が東北各地を巡り、東北の人々からのメッセージを預かり、TOKYOを目指し旅を続けます。
モッコが東北に根付く文化や、人々との出会いを重ねるといったロードストーリーを背景に新しい形の文化事業を展開します。

箭内 道彦Michihiko Yanai

コメント
TOKYOと東北を繋ぐこと。現在の東北を知る人・訪ねる人が増えるきっかけをつくることは、大会の重要な使命だと思います。「復興五輪」であるならば、東北の人たちにとって、少しでも「やってよかった」と思える大会になること。すること。災害は、毎年、全国各地で起きています。復興を歩む東北の姿が、今度はみなさんの元気になれるなら、笑顔をおくることができるのなら、とても素敵なことです。しあわせをはこぶ「モッコ」とともに。旅は、2020年以降も続きます。
プロフィール
クリエイティブディレクター。東京藝術大学 学長特別補佐・美術学部デザイン科教授。1964年福島県郡山市生まれ。既成の概念にとらわれない数々の広告キャンペーンを手がける。NHK「トップランナー」MCのほか、テレビやラジオのパーソナリティ、ロックバンド猪苗代湖ズのギタリストなど、多岐にわたる活動によって広告の可能性を常に拡げ続けている。
2015年、福島県クリエイティブディレクターに着任、2016年に開局した「渋谷のラジオ」の理事長も務める。2011年9月広大な福島県を西から東へ横断した6日間のロックフェス「LIVE福島 風とロック SUPER野馬追」実行委員長、福島県59市町村すべてを巡るイベント「風とロック CARAVAN福島」パーソナリティー。 東北絆まつりの前身である東北六魂祭では、東北六県からのメンバーによる「TOHOKU ROCK’N BAND」をプロデュース、公式テーマソング「東北六魂音頭」の演奏が毎年、祭りのグランドフィナーレを飾った。

もっと見る閉じる

実施時期・場所
2020年5月9日(土)/ 会場:岩手県陸前高田市「高田松原津波復興祈念公園」
2020年5月23日(土)/ 会場:宮城県岩沼市「千年希望の丘 相野釜公園」
2020年6月13日(土)/ 会場:福島県南相馬市「相馬野馬追祭場地(雲雀ヶ原祭場地)」
※2020年の東北絆まつり会場へもキャラバン展開予定(2020年5月30日(土)・31日(日) 山形市にて開催)

コンセプト映像製作スタッフ

ディレクター
野老 朝雄 (Asao Tokolo) アーティスト / フェスティバル マーク制作
アルゴリズミック・デザイン
松川 昌平 (Shohei Matsukawa) 建築家 / 慶応義塾大学SFC 環境情報学部准教授
太鼓奏者
林 英哲 (Eitetsu Hayashi) 太鼓演奏者 / 英哲風雲の会
プロデューサー
山口 慶子 (Keiko Yamaguchi)

Official Partners

  • 日本航空株式会社 JAL

Supporting Partners

  • キヤノン株式会社
  • 東京海上日動火災保険株式会社
  • 株式会社みずほフィナンシャルグループ
  • 全日本空輸株式会社 ANA
  • 久光製薬株式会社
  • 清水建設株式会社

Associating Partners

  • NEC
  • 味の素株式会社
  • アース製薬株式会社
  • TANAKAホールディングス株式会社
  • 株式会社乃村工藝社
  • パーク24株式会社
  • 株式会社パソナグループ