仮設オーバーレイ工事について

公益財団法人 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、新設の競技会場(8施設)、既存の競技会場(24施設)、仮設の競技会場(8施設)について、運営用のプレハブ・テント、放送用の照明などのオーバーレイ、観客用座席、セキュリティフェンス、競技スペースなどを仮設で整備します。

仮設オーバーレイ工事の内容

仮設オーバーレイ工事の内容は、大きく分類すると、一般建設工事とコモディティ工事の2種類に分類されます。
仮設工事等の全体規模でみると、一般建設工事が5割、コモディティ工事が3割、その他が2割となります。

各会場毎に個別に計画する内装や外部・外構工事について、ご紹介します。
各会場共通で準備するテントやプレハブ、仮設観客席やフェンス等が対象となり、規格寸法化された汎用資材(主にレンタル)を設置および撤去する工事について、ご紹介します。

仮設オーバーレイ工事の規模

運営用のプレハブ・テント30万平方メートル、放送用の照明25施設などのオーバーレイ、観客用座席15万席、セキュリティフェンス110キロメートル、競技スペースなどの仮設インフラを東京2020大会のために追加整備します。

仮設オーバーレイ工事の発注予定

仮設オーバーレイ工事の入札手続の開始は第1回目は4月中旬から、第2回目は6月中旬から、第3回目は8月中旬からそれぞれ予定しています。
発注概要としては実施設計から施工、維持管理、撤去・復旧までを一括して「仮設オーバーレイ整備業務」として発注となります。

第1回仮設オーバーレイ工事発注案件はこちらです。
発注情報一覧

工事対象となる会場

工事対象となる会場のリスト一覧です。