グーグル合同会社との東京2020スポンサーシップ契約について

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は、以下のとおり、東京2020スポンサーシップ契約を締結しましたので、お知らせします。

契約内容
東京2020オフィシャルサポーター

契約の相手方
会社名:グーグル合同会社
本社:東京都港区
代表者:日本法人代表 ピーター・フィッツジェラルド

契約カテゴリー
インターネットにおける情報及びナビゲーションサービス(Web/Appまたはインターネットの検索エンジンシステムおよびサービス、インターネットベースのナビゲーション及び地図サービス、バーチャルまたはインテリジェントパーソナルアシスタントシステムおよびサービス、インターネットベースの翻訳システムおよびサービス、オンラインにおける周辺施設情報案内サービス)

ピーター・フィッツジェラルド グーグル合同会社日本法人代表コメント
このたび、Googleは東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会にオフィシャルサポーターとして初めてスポンサーシッププログラムに参画します。その記念すべき場所が、2001年にGoogleが海外に初めてオフィスを開設した「東京」であることに特別の感慨を覚えています。東京2020大会が素晴らしいものになるように、またオリンピック・パラリンピックの感動を全ての人が共有しあえるよう、Googleの様々なサービスを通じて貢献していきます。

森 喜朗 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 会長コメント
このたび、Googleをオフィシャルサポーターとしてお迎えできることになりました。Googleは検索サービスの他、地図や翻訳など様々なサービスを展開する企業です。Googleのサポートを通じて、世界中の人々が集まる東京2020大会がさらに盛り上がることを期待しています。

東京2020スポンサーシッププログラムについて
オリンピックのスポンサーシッププログラムは4つの階層からなり、最上位のものがIOCのオリンピックパートナープログラムです。このプログラムにより東京2020をご支援いただいているワールドワイドオリンピックパートナーは、コカ・コーラ、アリババ、アトス、ブリヂストン、ダウ、GE、インテル、オメガ、パナソニック、P&G、サムスン、トヨタ、ビザの各社です。その他の3つの階層は国内向けのスポンサープログラムになり、国内最高水準の東京2020ゴールドパートナー、東京2020オフィシャルパートナー、東京2020オフィシャルサポーターからなります。東京2020が実施するマーケティングにおいて中核となる国内契約スポンサーは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を含む、2020年12月末までのオリンピック・パラリンピックの日本代表選手団に関するパートナーであり、呼称やマークの使用などをはじめとした権利を行使することが可能となります。東京2020は、本プログラムにご参加いただくスポンサー各社とともに、さまざまな施策を通じて、より豊かな日本と世界の未来に貢献していきます。

オフィシャルサポーターの主なスポンサー権利
呼称・マーク類・関連素材使用権/リコグニッションプログラム/関連事業協賛権/商品・サービスのサプライ機会/マーケティングサポート等

スポンサー一覧

グーグル合同会社