ヤフー株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は、以下のとおり、東京2020スポンサーシップ契約を締結しましたので、お知らせします。

契約内容
東京2020オフィシャルサポーター

契約の相手方
会社名:ヤフー株式会社
本社:東京都千代田区
代表者:代表取締役社長 川邊 健太郎(かわべ けんたろう)

契約カテゴリー
インターネットにおける情報及びナビゲーションサービス(Web/Appまたはインターネットの検索エンジンシステムおよびサービス、インターネットベースのナビゲーション及び地図サービス、オンラインにおける周辺施設情報案内サービス、気象および災害警報情報の提供サービス)

川邊 健太郎 ヤフー株式会社代表取締役社長コメント
このたび、東京2020オフィシャルサポーターとして東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に参画できますことを大変光栄に思います。ヤフーは「情報技術で人々や社会の課題を解決する」ことをミッションに掲げ、これまで100以上のサービスを展開し、日本最大級の利用者規模を有しており、より使いやすいサービスの提供に取り組んでいます。ヤフー本社と同じ地で開催される本大会を盛り上げるべく、当社のインターネットにおける情報及びナビゲーションサービスを通じて、全力でサポートしてまいります。

森 喜朗 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 会長コメント
このたび、ヤフー株式会社を東京2020オフィシャルサポーターとしてお迎えできることになりました。ヤフーは、インターネットを通じて様々なサービスを提供する日本最大級の企業です。ヤフーならではの課題解決力による力強いサポートを受けながら、多くの人々に喜びと感動を与えられる東京2020大会となることを期待しています。

東京2020スポンサーシッププログラムについて
オリンピックのスポンサーシッププログラムは4つの階層からなり、最上位のものがIOCのオリンピックパートナープログラムです。このプログラムにより東京2020をご支援いただいているワールドワイドオリンピックパートナーは、コカ・コーラ、アリババ、アトス、ブリヂストン、ダウ、GE、インテル、オメガ、パナソニック、P&G、サムスン、トヨタ、ビザの各社です。その他の3つの階層は国内向けのスポンサープログラムになり、国内最高水準の東京2020ゴールドパートナー、東京2020オフィシャルパートナー、東京2020オフィシャルサポーターからなります。東京2020が実施するマーケティングにおいて中核となる国内契約スポンサーは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を含む、2020年12月末までのオリンピック・パラリンピックの日本代表選手団に関するパートナーであり、呼称やマークの使用などをはじめとした権利を行使することが可能となります。東京2020は、本プログラムにご参加いただくスポンサー各社とともに、さまざまな施策を通じて、より豊かな日本と世界の未来に貢献していきます。

オフィシャルサポーターの主なスポンサー権利
呼称・マーク類・関連素材使用権/リコグニッションプログラム/関連事業協賛権/商品・サービスのサプライ機会/マーケティングサポート等

スポンサー一覧

ヤフー株式会社