日本コカ・コーラ株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック組織委員会(東京2020組織委員会)は、下記のとおり、東京2020スポンサーシップ契約を締結いたしましたので、お知らせいたします。

契約内容
東京2020パラリンピックゴールドパートナー

契約先
会社名:日本コカ・コーラ株式会社
本社:東京都渋谷区
代表者:代表取締役社長 ホルヘ・ガルドゥニョ

契約カテゴリー
ノンアルコール飲料
コーヒー豆、インスタントコーヒー/粉・顆粒

ホルヘ・ガルドゥニョ 日本コカ・コーラ株式会社 代表取締役社長コメント
このたび、東京2020パラリンピックゴールドパートナーになれたことを大変うれしく思います。オリンピックのパートナーとして最も長い歴史を持つコカ・コーラ社は、最大の国際スポーツイベントで繰り広げられる感動と興奮を世界中に届けてきました。東京2020パラリンピック競技大会でも、ボトリング会社と一緒にコカ・コーラ社ならではの忘れられない特別な体験を提供し、語り継がれる大会になるよう尽力します。

森 喜朗 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 会長コメント
長きにわたってオリンピック・パラリンピック競技大会を支援しているコカ・コーラ社を、東京2020パラリンピックゴールドパートナーとしてお迎えできることになりました。コカ・コーラ社は、オリンピックはもとより、パラリンピックにおいても豊富な経験値をお持ちです。東京2020大会においても力強いサポートをいただき、コカ・コーラ社と一緒に東京2020パラリンピック競技大会を成功させ、共生社会の実現につなげたいと考えております。

IPCスポンサーシッププログラムおよび東京2020パラリンピックスポンサーシッププログラムについて
東京2020パラリンピック競技大会はIPCスポンサーシッププログラムおよび東京2020パラリンピックスポンサーシッププログラムの2つのスポンサーシッププログラムからなります。IPCスポンサーシッププログラムのワールドワイドパラリンピックパートナーは、パラリンピックの呼称やマークの使用などの権利を行使することが可能になります(東京2020パラリンピック競技大会の権利を含まない)。東京2020パラリンピックスポンサーシッププログラムは3つの階層からなり、最高水準の東京2020パラリンピックゴールドパートナー、東京2020パラリンピックオフィシャルパートナー、東京2020パラリンピックオフィシャルサポーターからなります。東京2020が実施するマーケティングにおいて中核となる国内契約スポンサーは、東京2020パラリンピック競技大会を含む、2020年12月末までのパラリンピックの日本代表選手団に関するパートナーであり、呼称やマークの使用などをはじめとした権利を行使することが可能となります。東京2020は、本プログラムにご参加いただくスポンサー各社とともに、さまざまな施策を通じて、より豊かな日本と世界の未来に貢献していきます。

ゴールドパートナーの主なスポンサー権利
呼称・マーク類・関連素材使用権/リコグニッションプログラム/関連事業協賛権/商品・サービスのサプライ機会/マーケティングサポート等

スポンサー一覧

日本コカ・コーラ株式会社