安全・安心な大会を実現!東京2020大会で顔認証システムを導入

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)と東京2020ゴールドパートナーの日本電気株式会社(NEC)は、2018年8月7日(火)、大会関係者が会場へ入場する際に本人確認をするための顔認証システムを、東京2020大会で導入することを合同で発表いたしました。大会関係者への顔認証システムがオリンピック・パラリンピックの全会場で使用されるのは、東京2020大会が初めてです。

NECから提供されるこのシステムは、認証された人の顔の画像を予めデータべースに保存し、認証チェックポイントで身元を確認するために使用されます。
この技術は、東京2020大会のセキュリティレベルを大幅に向上させるだけでなく、自動的かつ瞬時に顔認証をするため、会場入場の際の快適性と利便性も向上させ、安全・安心な大会の実現に貢献します。

岩下 剛 東京2020組織委員会警備局長コメント
顔認証システムにつきましては、選手をはじめとする関係者の方々が入場する時に活用するものであります。大会関係者は一般観客の方と異なって、重要施設、重要エリアに立ち入るということがある為、より高いセキュリティが必要となります。併せまして、何度も競技会場等へ出入りされるということで、セキュリティに対する負担も大きいということからよりスムーズな入場を確保するために顔認証システムを導入致します。

菅沼 正明 NEC 執行役員コメント
NECは、東京2020ゴールドパートナーとして、パブリックセーフティ先進製品、ネットワーク製品の領域で、大会成功へ貢献すべく取り組んでいます。その東京2020の安全・安心に向けた取り組みの1つとして、今回顔認証システムを導入させていただくことになりました。
大会関係者の入場時の本人確認を、厳格かつスムーズに実現します。40を超える競技会場、選手村や国際放送センター、メインプレスセンターなど全会場の関係者エリア入り口に設置し、関係者約30万人の入場管理に顔認証システムが導入されます。このような顔認証システムの導入は、オリンピック・パラリンピック史上初となります。