全日本空輸株式会社及び日本航空株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、下記のとおり東京2020スポンサーシップ契約を締結いたしましたので、お知らせいたします。


契約内容

東京2020オフィシャルパートナー

契約先
会社名:全日本空輸株式会社
本社:東京都港区
代表者:代表取締役社長 篠辺 修(しのべ おさむ)

会社名:日本航空株式会社
本社:東京都品川区
代表者:代表取締役社長 植木 義晴(うえき よしはる) 

契約カテゴリー

旅客航空輸送サービス (※1) 
  
(※1)東京2020スポンサーシップは「一業種一社」を原則としていますが、本カテゴリーはIOCと協議の上、特例として2社共存となりました。

篠辺 修 全日本空輸株式会社 代表取締役社長コメント
オフィシャルエアラインパートナーとして、東京2020の成功と日本代表選手団の応援に貢献できる事は大変光栄です。我々はスポーツが人々に夢や希望、勇気を与え、活力ある社会の実現と国際社会の平和に寄与すると信じ、過去より様々なスポーツ支援を行ってまいりました。東京2020のビジョン「全員が自己ベスト」「多様性と調和」「未来への継承」は、ANAグループ経営理念「世界をつなぐ心の翼で夢にあふれる未来に貢献します」に通じるものです。我々は双方のビジョン、理念の実現と日本スポーツ界の発展に向け、世界と日本の架け橋として安全・安心を基礎にサービス品質向上に努めるとともに、航空ネットワークの充実を図り、世界の多くの方が快適に日本にお越し頂けるよう役職員一同、努力致します。

植木 義晴 日本航空株式会社 代表取締役社長コメント
JALは1964年の東京大会以来、安全で快適な空の旅を通じて、オリンピック・パラリンピックをはじめとしたスポーツの舞台で私たちに感動を与える日本代表選手の活躍を応援してまいりました。東京2020オフィシャルパートナーとして、これまでの経験を最大限に活かし、万全の態勢で皆さまをサポートし、若きアスリートの育成支援活動などを通じて一層のスポーツ振興に取り組んでまいります。前回の東京大会が今日に至る日本の成長を象徴したように、オールジャパンで創り上げる東京2020が、次の半世紀に向けた日本の新たな成長の原動力となるよう、精一杯努めてまいります。

森 喜朗 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 会長コメント
本日、全日本空輸株式会社、日本航空株式会社という日本を代表する航空会社2社との間で、東京2020オフィシャルパートナー契約を締結いたしました。銀行カテゴリーに続く2社共存での契約となり、「オール・ジャパンの機運」が広がることを大変嬉しく思います。


東京2020スポンサーシッププログラムについて
オリンピックのスポンサープログラムは4つの階層からなり、最上位のものがIOCのオリンピックパートナープログラムです。このプログラムにより東京2020をご支援いただいているワールドワイドオリンピックパートナーは、コカ・コーラ、アトス、ブリヂストン、ダウ、GE、マクドナルド、オメガ、パナソニック、P&G、サムスン、トヨタ、ビザの各社です。
その他の3つの階層は国内向けのスポンサープログラムになり、国内最上位の東京2020ゴールドパートナー、東京2020オフィシャルパートナー、東京2020オフィシャルサポーターからなります。東京2020が実施するマーケティングにおいて中核となる国内契約スポンサーは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を含む、6年間に及ぶオリンピック・パラリンピックの日本代表選手団に関するパートナーであり、呼称やマークの使用などをはじめとした権利を行使することが可能となります。
東京2020は、本プログラムにご参加いただくスポンサー各社とともに、様々な施策を通じて、より豊かな日本と世界の未来に貢献していきます。

オフィシャルパートナーの主なスポンサー権利
呼称・マーク類・関連素材使用権/リコグニッションプログラム/関連事業協賛権/商品・サービスのサプライ機会/マーケティングサポート等


スポンサー一覧はこちら
 森喜朗会長とパートナー企業代表者  発表会見の模様