株式会社アシックスとの東京2020スポンサーシップ契約について

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、下記のとおり東京2020スポンサーシップ契約を締結いたしましたので、お知らせいたします。


契約内容
東京2020ゴールドパートナー

契約先
会社名:株式会社アシックス
本社:神戸市中央区
代表者:代表取締役社長CEO 尾山基(おやま もとい)

契約カテゴリー
スポーツ用品(スポーツアパレル及び競技用具) 

尾山基 株式会社アシックス代表取締役社長CEOコメント  
この度、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のゴールドパートナーとなりましたことを大変光栄に思います。スポーツを通して青少年の健全な育成に貢献したいというアシックスの創業哲学は、近代オリンピックの創設の信念と原点を同じくしています。これまでの大会で選手や競技団体をサポートしてきた経験を生かし、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会が世界に誇れるものとなるよう貢献するとともに、健康で持続可能な社会の実現に努めます。

森 喜朗 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長コメント
日本を代表するスポーツ用品メーカーである株式会社アシックスが、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会をゴールドパートナーとしてご支援いただくことになり、大変うれしく思います。大会では、日本代表選手団だけでなく、ボランティアの皆さんも含め、全員が同じ「アシックス」のユニフォームを着ることで、オールジャパンで一丸となり大会に臨んでまいります。

東京2020スポンサーシッププログラムについて
東京2020をご支援いただいているワールドワイドオリンピックパートナーは、コカ・コーラ、アトス、ブリヂストン、ダウ、GE、マクドナルド、オメガ、パナソニック、P&G、サムスン、トヨタ、ビザの各社です。さらに東京2020が実施するマーケティングにおいて中核となるものが国内契約スポンサーです。東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を含む、6年間に及ぶオリンピック・パラリンピックの日本代表選手団に関するパートナー契約であり、呼称やマークなどをはじめとした権利を使用することが可能となります。オリンピックのスポンサープログラムには4つの階層があります。最上位のものとしてIOCのオリンピックパートナープログラムがあり、その他3つは国内向けのスポンサープログラムになります。国内向けのスポンサープログラムは、国内最上位の東京2020ゴールドパートナー、東京2020オフィシャルパートナー、東京2020オフィシャルサポーターと、3つの階層に分かれています。東京2020は、本プログラムにご参加いただくスポンサー各社とともに、様々な施策を通じて、より豊かな日本と世界の未来に貢献していきます。

ゴールドパートナーの主なスポンサー権利
呼称・マーク類・関連素材使用権/リコグニッションプログラム/関連事業協賛権/商品・サービスのサプライ機会/マーケティングサポート等


スポンサー一覧はこちら
発表会見の模様 森喜朗会長とパートナー企業代表者 発表会見の模様 発表会見の模様 発表会見の模様