TOKYO2020

東京2020聖火リレー公式アンバサダーが都内小学校を訪問!児童に意義や魅力を伝えました

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は、2020年1月16日(木)、東京2020教育プログラム「ようい、ドン!」の一環として「東京2020聖火リレー公式アンバサダー学校訪問イベント」を東京都世田谷区立経堂小学校で実施しました。東京2020聖火リレー公式アンバサダーの石原さとみさん、田口亜希さんが同校を訪問し、聖火リレーに関するクイズやトークセッションなどを通じて、児童に聖火リレーの意義や魅力を伝えました。

石原さん・田口さん、全校児童との集合写真

アンバサダーのお二人が全校児童約700名の待つ体育館に登場すると、児童は自作の「東京2020オリンピック聖火リレー応援メガホン(別ウィンドウで開く)」を手に大歓声で迎えてくれました。石原さん、田口さんから、トーチの紹介やオリンピック聖火リレーが全47都道府県を巡ること、東京都内のスタート地点が世田谷区であること等の説明があると、児童たちは興味津々の様子でした。

大歓声で石原さん・田口さんを迎える児童たち

石原さん・田口さんトーチを持って入場

東京2020聖火リレーについての基礎知識を学んでもらうため、まずは聖火リレークイズ大会です。「トーチのモチーフは?」、「オリンピック聖火ランナーは何人?」等のクイズを石原さんが出題すると、児童たちは元気よく「桜!」「1万人!」と答えていました。田口さんの「(桜は)日本人に最もなじみ深い花」、「毎日80~90名のランナーが、それぞれ約200m走る」等の解説に、不正解だった児童も納得したように聞き入っていました。

聖火リレークイズの出題をする石原さん

クイズに正解して喜ぶ児童たち

続いて、石原さん、田口さんから児童たちへ、聖火リレーの魅力や東京2020大会に期待すること等のメッセージが伝えられました。
石原さんは「ランナー一人ひとりの夢や目標、挑戦、想いが、それぞれの200mに込められています。だから日本全国で1万人がひとつの聖火を繋いでいくというのは、本当にすごいこと」と語りました。また、長崎県を聖火ランナーとして走ることが決定している石原さん。「私は、ある被爆者の女性との出会いを通して、誰かの心を明るく励ますことのできる人になりたいと考えるようになりました。そんな自分のターニングポイントとなった長崎県を、世界中の人々の平和を願う気持ちを受け止めながら、一歩一歩大切に走りたいと思います」というご自身の想いを明かしました。
田口さんも「聖火ランナー同士で聖火を移す動作(トーチキス)がありますが、これは心や気持ちをつないでいることだと思います。この動作にも注目してほしいです」と聖火リレーの見どころを伝えました。また、パラリンピアンとしての経験を基に、「観客の応援がアスリートの力になります。聖火ランナーも同じこと。ぜひ沿道や競技会場、テレビで応援してほしいです。また、自分はパラリンピックに出たいという夢に向けて、一歩ずつ頑張りました。皆も、夢や目標があっても無くても、目の前のことに一所懸命に取り組んで、一つずつ前に進むことを大切にしてほしいです」と、力強い言葉で訴えかけました。

田口さんの呼びかけに手を上げる児童たち

聖火リレーについてお話をされる田口さん

その他、質疑応答や東京2020聖火リレー応援メガホンの紹介等を通して、児童たちは石原さん、田口さんとの交流を深め、東京2020聖火リレーの魅力を感じ取ったようでした。イベント終了後、経堂小学校5年生の野呂才蔵(のろ さいぞう)さんは「聖火リレーについて楽しく学ぶことができました。また、選手や聖火ランナーの方に頑張ってほしいという思いを込めて応援メガホンを作りました」と話しました。また、同4年生の北村彩寧(きたむら あやね)さんは「アンバサダーとの質疑(大舞台の前に緊張を和らげる方法)が、自分も似た悩みがあったのでとても勉強になりました。オリンピックやパラリンピックの出場選手の皆さんには最後まであきらめずに全力で頑張ってもらいたいです」とアスリートへのエールを送っていました。

自作の応援メガホンを紹介する児童たち

児童に囲まれながら退場する石原さん・田口さん

いよいよ3月26日(木)から東京2020オリンピック聖火リレーがスタートします。本事業が、経堂小学校の児童たちにとって聖火リレーや東京2020大会への興味・関心を深めるとともに、未来の成長につながる1つのきっかけとなれば幸いです。

関連リンク

東京2020聖火リレー
東京2020聖火リレー×教育プログラム
東京2020組織委員会では、全国の児童・生徒の皆様に聖火リレーの意義や目的等を学んでいただけるよう「東京2020聖火リレー×教育プログラム」を実施しています。学校向けに、本事業で使用した「東京2020聖火リレー応援メガホン」のほか、教師用指導案や授業用参考資料等を配布しています。

関連ニュース

2019年12月16日
「東京2020聖火リレー公式アンバサダー学校訪問イベント」を千葉県立東金特別支援学校で実施しました!
2019年7月5日
「東京2020聖火リレー特別授業」を宮城県石巻市の中学校で実施 生徒たちが歴史や意義を学ぶ