TOKYO2020

東京2020 NIPPONフェスティバル、市川海老蔵さんら出演で KABUKI×OPERA「光の王」

十一代目市川海老蔵さん

アンナ・ピロッツィさん

アーウィン・シュロットさん

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は2019年12月24日(火)、東京2020 NIPPONフェスティバル主催の4つのプログラムのひとつ、テーマ「大会に向けた祝祭感」の公演概要を発表しました。

公演は「KABUKI×OPERA「光の王」」と題した東西を代表する無形文化遺産・舞台芸術(歌舞伎とオペラ)の融合による夢の舞台で、2020年4月18日(土)の一回限り。東京2020オリンピック・パラリンピックへの期待や祝祭感を高めます。

出演は、2020年5月に江戸歌舞伎の大名跡、十三代目市川団十郎白猿(はくえん)を襲名する十一代目市川海老蔵さん、オペラ界でドラマティック・ソプラノと最も注目されている歌手のアンナ・ピロッツィさん、最も魅力的なバス・バリトンと称されるオペラ界の人気スター、アーウィン・シュロットさんなど。

「東洋と西洋の文化の融合と共生」という形で、2020年以降にもレガシーとなるような新しい日本文化を東京から世界へ発信します。

KABUKI×OPERA「光の王」Presented by ENEOS

公演日時 2020年4月18日(土)17時~(予定)1回限り
公演場所 東京体育館
出演者 十一代目市川海老蔵(歌舞伎俳優)
アンナ・ピロッツィ(ソプラノ歌手)
アーウィン・シュロット(バス・バリトン歌手)
ほか
演出 藤間勘十郎(宗家藤間流八世宗家)
指揮者 ジョルディ・ベルナセル
オーケストラ 東京フィルハーモニー交響楽団

公演の内容やチケット発売などの詳細は2020年1月にお知らせする予定です。

東京2020 NIPPON フェスティバルとは

世界の注目が日本・東京に集まる2020年3月下旬から9月にかけて実施する、東京2020大会の公式文化プログラムです。日本が誇る文化を国内外に強く発信するとともに、共生社会の実現を目指して多様な人々の参加や交流を生み出すことや、文化・芸術活動を通して多くの人々が東京2020大会へ参加できる機会をつくり、大会に向けて期待感を高めることを目的としています。

東京2020 NIPPONフェスティバル