東京2020オリンピック マラソンと競歩の会場・コース・競技日程について

2019年12月4日(水)にローザンヌ(スイス)で行われた国際オリンピック委員会(IOC)理事会において、東京2020オリンピック競技大会のマラソンおよび競歩の会場を札幌大通公園とすることが承認され、それに伴いコースおよび競技日程も以下のように変更となりました。

会場

札幌大通公園

札幌大通公園は、大会時には陸上競技(マラソン・競歩)の競技会場として、仮設施設が整備されます。 大通公園は札幌市の中心部に位置し、長さ約1.5km、面積約7.8ha におよび、美しい花壇や芝生・樹木のほか、様々なイベント会場として、一年を通して多くの観光客や市民に親しまれています。

コース

マラソン(男子/女子)

IOC、世界陸上競技連盟(WA)および東京2020 組織委員会は、北海道マラソンのコースをベースに、20kmのループを1 周目に設定することで合意しました。商業ビルなどが並ぶ最も賑やかな駅前通りから、北海道大学などの象徴的なポイントを通過し、都市の豊かな魅力を世界に発信するコースとなっています。
なお、2 周目以降については、引き続き協議をし、12 月中旬までには結論を出す予定です。

競歩:20 ㎞競歩(男子/女子)、50 ㎞競歩(男子)

観客が応援しやすいよう十分な歩道幅を確保できる駅前通りを南北に使用することにより、選手に大歓声が届くコースとなっています。

競技日程

2020年8月6日(木)16:30 20km 競歩(男子)
2020年8月7日(金)5:30 50km 競歩(男子)
2020年8月7日(金)16:30 20km 競歩(女子)
2020年8月8日(土)7:00 マラソン(女子)
2020年8月9日(日)7:00 マラソン(男子)