東京2020 NIPPONフェスティバル 2020年6月にベルリン・フィルが特別公演、1万人無料野外コンサートも

左から鈴木幸一東京・春・音楽祭実行委員会実行委員長、武藤敏郎東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会事務総長、アンドレア・ツィーツシュマン ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団財団ゼネラルマネージャー

「東京2020 NIPPONフェスティバル」の共催プログラムとして、世界的な指揮者のグスターボ・ドゥダメル指揮による「東京・春・⾳楽祭特別公演ベルリン・フィル in Tokyo 2020」(主催:東京・春・⾳楽祭実⾏委員会/共催:公益財団法⼈東京オリンピック・パラリンピック競技⼤会組織委員会)が2020年6⽉に実施されることになり、東京・春・⾳楽祭実⾏委員会が2019年11月22日(金)、詳細を発表しました。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 ©Stefan Hoederath

世界最⾼峰のオーケストラ、28カ国の多国籍プレーヤーから成るベルリン・フィルハーモニー管弦楽団による東京2020⼤会のための4公演。2020年6⽉24⽇(⽔)から26日(⾦)まで東京⽂化会館で行われる公演では、東京2020⼤会のためのスペシャル・コンサート(プログラムA)、グスタフ・マーラー「交響曲第2番《復活》」(プログラムB)、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン「交響曲第9番《合唱付き》(第九)」 (プログラムC)の3つのプログラムが演奏され、オリンピック・パラリンピックの祝祭感と震災復興・平和への祈りを東京から発信します。

さらに6⽉27⽇(⼟)には、東京を代表する公園、新宿御苑⾵景式庭園でベルリン・フィルハーモニー管弦楽団としては⽇本で初となる野外公演、1万人の無料公演(ただし新宿御苑への⼊園料が必要)も行われます。野外公演ではドゥダメル氏、オーケストラ、ソリスト、合唱、総勢約400⼈に及ぶアーティストの⼒を結集して、「第九」を届けます。合唱団は世界中から集められ、⼈種・年齢・性別を超えた壮⼤なスケール。演奏と歌の協演をお楽しみに。

2020年は東京オリンピック・パラリンピック競技⼤会開催のみならず、第2次世界⼤戦の終結から75年、クラシック⾳楽の象徴的作曲家ベートーヴェンの⽣誕から250年という節⽬に当たります。その2020年という年に⽇本を含む世界各国からさまざまな人たちが東京に集い、一体となってかつてない特別な⾳楽体験を創り出します。

ツィーツシュマン氏は、「東京2020オリンピック・パラリンピックはとても特別なイベントです。私たちにとって文化プログラムに参加できることは大きな名誉です。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団は1957年から日本ツアーを行っていて、日本とベルリン・フィルハーモニー管弦楽団には長い友情と伝統があります。ですから、私たちにとってこの公演は大きな意味があります。日本の観客は知識も豊富で素晴らしい。私たちは日本の聴衆を愛しています。オーケストラもミュージシャンも、日本で特別なコンサートを開催できることにとても興奮しています」と笑顔で話しました。

アンドレア・ツィーツシュマン氏

ソロ・チェロ奏者/メディア代表のオラフ・マニンガー氏

東京・春・⾳楽祭特別公演ベルリン・フィル in Tokyo 2020

指揮:グスターボ・ドゥダメル 管弦楽:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

東京⽂化会館⼤ホール公演
2020年6⽉24⽇(⽔)19:00【プログラムA】
2020年6⽉25⽇(⽊)19:00【プログラムB】
2020年6⽉26⽇(⾦)19:00【プログラムC】

ベルリン・フィル(1万⼈の野外コンサート)
2020年6⽉27⽇(⼟)14:00 新宿御苑⾵景式庭園【プログラムC】
*荒天の場合は28⽇(⽇)14:00に順延。

プログラム

【プログラムA】東京2020⼤会のためのスペシャル・コンサート
【プログラムB】マーラー:交響曲第2番ハ短調《復活》
【プログラムC】ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調op.125《合唱付き》

野外コンサートへの応募や詳細は、東京・春・音楽祭特設サイトを参照。
東京・春・音楽祭特設サイト(別ウィンドウで開く)

東京2020 NIPPONフェスティバルとは

世界の注目が日本・東京に集まる2020年4月頃から9月頃にかけて実施する、東京2020大会の公式文化プログラムです。日本が誇る文化を国内外に強く発信するとともに、共生社会の実現を目指して多様な人々の参加や交流を生み出すことや、文化・芸術活動を通して多くの人々が東京2020大会へ参加できる機会をつくり、大会に向けて期待感を高めることを目的としています。

東京2020 NIPPONフェスティバル