東京2020オリンピック聖火リレー ギリシャ国内聖火リレー 東京2020聖火ランナーおよび聖火採火式、引継式概要を発表!

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は、本日11月11日(月)に東京2020オリンピック聖火リレー ギリシャ国内聖火リレー 東京2020聖火ランナーおよび聖火採火式、引継式の概要を以下のとおり発表しました。

ギリシャで開催される採火式、ギリシャ国内聖火リレー、引継式はギリシャオリンピック委員会(HOC)が主催で実施します。

聖火採火式概要

概要

2020年3月12日(木)古代オリンピック発祥の地オリンピア市にあるヘラ神殿跡で、聖火を採火する伝統的な儀式である聖火採火式を行います。古代の衣装に身を包んだ巫女が、凹面鏡で太陽光を集め、聖火を採取します。

採火式の内容

  • 国際オリンピック委員会(IOC)、HOC、東京 2020 組織委員会の代表者挨拶
  • ヘラ神殿跡で、古代の衣装に身を包んだ巫女が凹面鏡で太陽光を集め、聖火を採取
  • 古代オリンピア競技場にて第一走者のトーチに聖火を点火、東京 2020 オリンピック聖火リレーのギリシャ国内聖火リレーがスタート

ギリシャ国内聖火リレー 東京2020聖火ランナー

概要

ヘラ神殿跡で採火された聖火は、ギリシャ国内聖火リレーの聖火ランナー第一走者に引き渡され、3月12日(木)~3月19日(木)の8日間ギリシャ国内で聖火リレーを行った後、オリンピック開催国へと運ばれます。
ギリシャ国内の聖火リレーにて、野口みずきさん、野村忠宏さん、吉田沙保里さんの 3 人が選出されました。

野口みずきさん

野村忠宏さん

吉田沙保里さん

聖火引継式概要

概要

2020年3月19日(木)ギリシャオリンピック委員会からオリンピック開催国へ聖火を引き継ぐ、聖火引継式を行います。引継式はギリシャアテネ市パナシナイコスタジアムで行われ、一般公開されます。
ギリシャ側が文化パフォーマンスを行った後、開催国側が文化パフォーマンスを行います。開催国側の文化パフォーマンスはEXILE HIROさんが東京2020オリンピック聖火引継式東京2020文化パート監督として担当します。

引継式の内容

  • HOC・東京2020組織委員会代表者挨拶
  • ギリシャおよび開催国(日本)の文化パフォーマンス
  • ギリシャ国内聖火リレー 聖火ランナーがパナシナイコスタジアムに入場、聖火皿へ点火し、その後開催国(日本)に引継ぐ

登壇者

登壇者は決まり次第別途お知らせします。

関連リンク

東京2020オリンピック聖火リレー 聖火採火式・聖火引継式
東京2020オリンピック聖火リレー TOP