世界に先駆けた東京1964大会の記憶 進化を続けるパラリンピック(前編)

今からさかのぼること55年前。1964年(昭和39年)11月8日から12日の5日間にかけて日本における初めてのパラリンピック大会が東京で開催されました。
1960年に、同年のオリンピックが開催されたローマで行われたパラリンピックが第1回とされており、東京大会はそれに次ぐ2回目の大会に位置づけられています。また、大会をきっかけに日本に障がい者スポーツの普及や、障がい者の社会参加の促進につながる大きなレガシーを残していくことになりました。
一方、この大会では世界に先駆けてパラリンピック史に残る日本独自の試みが行われたことはあまり知られていません。いったいその試みとは何だったのでしょうか?

提供:公益財団法人日本障がい者スポーツ協会

「上を向いて歩こう」で入場

「午前10時、太鼓がなって、まず黄色いユニフォーム姿の全日本バトン鼓笛連盟の小中学生100名が行進、つづいて陸上自衛隊のバンドがマーチを演奏してつづき、選手が入場した。
マーチが「上を向いて歩こう」に変わり、しんがりの日本代表が入場、エビ茶のトレーニングシャツをつけた53名が元気に進行する。(中略)参加選手を代表し日本選手団の青野繁夫選手が右手を上げて宣誓を行い、同時に500羽のハトが放たれ大会を祝福した」(「東京パラリンピック大会報告書」より)

東京1964オリンピックの感動的な閉幕式からわずか2週間後の11月8日(日曜日)。世界21カ国378名の代表選手が集まった東京都渋谷区の織田グランドで、アジア初となるパラリンピック大会が華々しく開幕した。
雲一つない青空の下、大会名誉総裁である皇太子、皇太子妃殿下(現在の上皇・上皇后両陛下)をはじめ、「パラリンピックの父」と呼ばれるルードイッヒ・グットマン博士など海外からの招待者、仮設されたスタンドの収容人数いっぱいとなる4000人以上の観客が会場を埋め尽くしていた。

当時の種目は、ダーチャリー(アーチェリーとダーツの要素を合わせたような競技)、洋弓、槍正確投、槍投、砲丸投、円盤投、こん棒投、車いす競走、車いすリレー、車いすスラローム、バスケットボール、重量挙、スヌーカー、卓球、フェンシング、水泳、五種競技で、メイン会場となった織田フィールドを含め、代々木体育館、東京体育館内水泳場など、合計6つの会場で午前9時から夜中まで5日間にわたって競技が行われた。

「少しもコンプレックスを感じないですんだ」

車いすバスケットボール競技の様子
提供:公益財団法人日本障がい者スポーツ協会

ダーチャリー競技の様子
提供:公益財団法人日本障がい者スポーツ協会

大会は、大きな盛り上がりを見せた。5日間を通した観客の数は、10万人を超えたという推計もあるほどで、運営委員会が「予想以上」という国内外のメディアの関心も集まった。
何より参加した選手が、障がいに理解のある大会を通じて、普段の生活とは違う充実感を得ていた。

「どちらを向いても明るい顔、顔、顔。これがいわゆる身体障害者の表情であろうか。日本のある選手が「受傷して5年間、常にコンプレックスを感じていたが、パラリンピックの間は実にたのしかった。少しもコンプレックスを感じないですんだ」と告白しているように、前をみても、隣をみても同じような条件の人々ばかりで、ことばや皮膚の色はちがうけれど、国境をこえた親しみ、懐かしさを感じるのは当然であろう。そしてまた自分も、その中の1人になって、陽気なふんいきの中にとけいってしまう。これこそパラリンピック開催の、大きな意義なのである」(「PARALYMPIC TOKYO 1964パラリンピック国際身体障害者スポーツ大会写真集」より)

一方で、当時は障がい者スポーツに対する理解はほとんど進んでおらず、「障がい者を見世物にしている」という批判も少なくなかった。
当時厚生省(現在の厚生労働省)の職員としてパラリンピック大会の準備・運営に関わった井手精一郎さん(95)は、特に開幕式に人が殺到したのは、直前に行われたオリンピックが関係していると説明する。

「開幕式が行われた会場は、オリンピック大会時に選手村内にある練習場として使用されたところで、当時人気のあったマラソン選手、アベベ(・ビキラ)選手らが実際に走った場所に無料で入れる、と思って来た人も多かったですし、障がい者スポーツに関心がある人は少なかったと思います。そのような野次馬感覚の観客も多かったので、2日目以降は競技の邪魔になるからと入場をお断りしたこともありました」

度重なるプログラムの変更と原則無償

開幕式の様子
提供:公益財団法人日本障がい者スポーツ協会

開幕式の様子
提供:公益財団法人日本障がい者スポーツ協会

開幕式の様子
提供:公益財団法人日本障がい者スポーツ協会

大きな関心を集め、幸先よくスタートした大会ではあったが、初めての国際大会ということもありトラブルもあった。国際委員会と日本の運営委員会の間で、大会当日にも見解の相違や、言語による誤解がきっかけで意見の衝突が見られ、プログラムを直前に変更するなどの混乱が、特に序盤は絶えなかったのである。

「プログラムについては、すでに(開催年の)6月、打合せを行い、まだ完成していなかった部分が多かった。しかし暫定プログラムは決まっていても、各競技に対する参加人数が(ぎりぎりまで)全然わからず、大会がはじまってから新たに加わったものさえあるような状態で、とくに競技の組み合わせ、競技時間の設定ができず、出動役員の数も決定することができなかった」
(「パラリンピック報告書」より)

井手精一郎さん(横浜市内にて)

こうした中、大会に従事した運営側として各団体から集められたスタッフは、原則的にすべて「無償」で働くことになっていた。というのも、豊富な予算がついたオリンピックと比べると、パラリンピックの予算はぎりぎりで、政府の援助だけでは足りず、数百件にものぼる民間による寄付によって何とか成り立っていたからである。
冒頭で紹介したように「上を向いて歩こう」が入場行進曲に選ばれたのは、当時この曲が世界的に流行していたからという理由に加えて、歌い手の坂本九さんや作詞家の永六輔さんがパラリンピックのために「慈善リサイタル」を行い、多額の寄付を行ったこともあったそうだ。

「運営の職員は、喜んで参加したと思います。ただ、お金がないんです。基本的に100円の弁当だけで毎日働きました。それでも、僕だけではなく、職員はみな、やってよかったと思いました。障がい者スポーツ自体がまだ珍しく、勉強したいと思っていた専門家も多かったですから」(井手さん)

正式名称ではなかったパラリンピック

各競技場、ゲート付近に立てられた装飾塔
提供:公益財団法人日本障がい者スポーツ協会

ここで、この頃と今のパラリンピックには大きな違いがあったことをお伝えしておく必要があるだろう。
まず当時の「パラリンピック」は正式名称でなかったということ。「パラリンピック」という名称は、日本で初めて大会名として打ち出された愛称で、発祥国のイギリスでは「ストーク・マンデビル大会」と呼ばれ、パラリンピックという言葉は関係者の間でのみ用いられる略称に過ぎなかった。それを広報効果の観点から、東京大会では「パラリンピック」という呼称を大きく打ち出す方針を取ることにしたのだ。

「メディアを呼んでストーク・マンデビル大会を行うということを説明したが、当時の記者は誰もそのことを知らなかったのです。そこで、「パラプレジア(脊髄損傷者)のオリンピック」だと説明したところ、ある記者が「じゃあ、省略してパラリンピックだ」と名付けて、いつの間にか運営側もその名称を使い始めたというわけです」(井手さん)

日本ではこの大会を機に、広く親しまれた「パラリンピック」という名称だが、国際的には正式に「パラリンピック大会」として位置づけられたのは、1989年に国際パラリンピック委員会(IPC)が創設されて以降のこと。現在、東京大会の正式名称が第2回パラリンピック大会となっているのも、この時に名称の変更が行われたためである(正式にパラリンピックと呼ばれた大会は1988年のソウル大会が初めて)。現在は、出場者も「車いす使用者」から対象が広がり、Para(沿う、並行)+Olympic(オリンピック)という意味で、「パラリンピック」という公式名称が定められている。

そしてもう一つの大きな違いは、当時のパラリンピック大会は、参加条件として下半身にマヒがあり、車いすを使用する障がい者と規定されていたということだ。これは正式名称が示唆するように、大会のルーツが脊髄損傷の治療手段としてイギリスのストーク・マンデビル病院で行われたスポーツ大会であり、脊髄マヒのある障がい者のリハビリを目的としたスポーツ競技会として国際的に発展してきた経緯があったためであった。

1976年のトロント大会以降に、参加規程は緩和されることになるが、この当時はあくまで「パラリンピック」とは脊髄障がいのある者のみを対象とした大会だった。1964年の東京大会も、国際ストーク・マンデビル競技委員会の規定に基づき、車いす使用者を対象として行われた。
だが、それはあくまで、正式な国際大会としてのことだ。日本の「パラリンピック」運営委員は、正式な国際大会に加えて野心的なもう一つの大会を企画していたのである。

(後編に続く)