ラウンジでの飲食サービス付チケット「東京2020オリンピック公式ホスピタリティパッケージ」初回受付は10月12日(土)23:59まで

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は、東京2020オリンピック観戦チケットに飲食サービスなどを組み合わせた高付加価値型観戦チケット商品「東京2020オリンピック公式ホスピタリティパッケージ」の初回受付を10月12日(土)23:59までとし、2019年10月16日(水)15:00より販売を開始することを発表しました。

購入を希望される方は、「東京2020オリンピック公式ホスピタリティパッケージ」専用サイトにて、「購入登録」を行っていただいたうえで、初回受付期日である10月12日(土)23:59までに「お問い合わせフォーム」を提出いただく必要があります。ご提出されたお問い合わせフォームに対して、販売開始日である10月16日(水)15:00に購入意思の確認メールが一斉に送信されます。販売は、この購入意思の確認による先着順となりますが、販売予定数を超える申し込みがあった場合には抽選となる場合があります。

今回販売となるのは、開会式、閉会式、陸上競技(モーニングセッションを除く)、バスケットボール、野球・ソフトボール、水泳、馬術、サッカー、体操、ゴルフ、柔道、空手、ラグビー、テニス、テコンドー、レスリングになります。それ以外の競技については、随時「東京2020オリンピック公式ホスピタリティパッケージ」専用サイト内にてご案内していく予定です。

東京2020オリンピック公式ホスピタリティパッケージ」専用サイト(別ウィンドウで開く)

本商品は日本在住の方が対象です。海外にお住いの方は、各国・地域のNOCまたは公式チケット販売事業者にお問い合わせください。

各国・地域の公式チケット販売事業者リスト(別ウィンドウで開く)

「東京2020オリンピック公式ホスピタリティパッケージ」とは

観戦チケットに飲食サービスなどを組み合わせた高付加価値型観戦チケット商品です。競技観戦と会場内に設置されたラウンジでの飲食などの高品質なサービスを組み合わせた新たな観戦スタイルで、欧米では既に多くのスポーツ観戦において導入されています。日本においても取引先や関係者とのコミュニケーションを深めるビジネスの場としてのニーズも増え、需要が高まっています。

オリンピック観戦チケットの種類