「みんながヒューマンオーケストラ。多様な人が連なり新しい物語を」クリエイティブディレクター・小橋賢児さんインタビュー(前編)

東京2020 NIPPONフェスティバル「共生社会の実現にむけて」

東京2020 NIPPONフェスティバル「共生社会の実現に向けて」のクリエイティブディレクターを務める小橋賢児さん。タイトル「ONE - Our New Episode -」、コンセプト「Human Orchestra(ヒューマンオーケストラ)」で伝えたいメッセージとは。思いを語っていただきました。

意識が変わる気づきのきっかけ作りを

「TOKYO 2020 NIPPON FESTIVAL」のプログラムの一つ「共生社会の実現にむけて」について、どんな思いでいらっしゃいますか?

最初、共生社会の実現に向けてというテーマをいただいた時に、ものすごく壮大だなと感じました。ダイバーシティ(Diversity)&インクルージョン(Inclusion)と世界中で言われていますが、世界を見渡せば人類が未だ解決できていない問題の部分でもありますし。自分自身も世界中を旅しながらいろんなことを感じながら生きていたんですけれども、日本の和ってなんだろうと考えたときに、これは調和の「和」だと。いろんなものを受け入れて、そして調和する。日本の、日本人の根底にある文化がこの東京2020という、日本が世界と向き合い世界が日本に来るタイミングで変わっていく。生きている間にこれだけのことが起きるタイミングってないんじゃないかなと僕はすごく思っていて、そんなときに気づきのきっかけ作りができるというのは素晴らしいことだと思っています。

イベント一つでできることは少ないかもしれないですが、一つのきっかけがそれぞれの行動になっていき、振り返れば2020年に東京2020大会があり、それを体験した人たちの意識が少しずつ変化していって、そこから行動が生まれて気づけば世界が変わって言ったよね、という社会の第一歩が踏み出せればいいなと思っています。

「共生社会の実現に向けて」というテーマについてはいかがですか?

共生社会の実現というのは、一つの物事でできるわけではないと思っています。共生社会の実現へ向かう上では、「知らなかったことを知る」、自分自身の意識が変わっていかなければ始まらない。知らなかったものを知り、自分の意識が変わり、そして他人を認め自分を認めるというプロセスを通じて、そこから分け隔てない社会に向けた行動が生まれてくる。それぞれの行動が始まってくる社会が「共生社会の実現に向けた」第一歩じゃないかなと思っています。

出会えなかった一つひとつが交じり合い、美しいハーモニーを

「ONE - Our New Episode -」について語る小橋さん

タイトル「ONE - Our New Episode -」に込めた思いや伝えたいメッセージは?

「ONE」というのは決して「1つ」という意味ではありません。一人ひとり異なる個性がたくさん世界中にあり、それは人間だけじゃなくて生命体も含めて異なるものが連なりあってこの地球、そして宇宙を司っています。その中で今まで出会えなかった一つひとつが交じり合い、そして今までにない美しい新しいハーモニーを生み出す。それが「1つ」になってくるという物語を作っていけたら。それがそこから始まる私たちの物語、Our New Episodeにつながるものになっていったらいいなと思っています。

「ONE - Our New Episode -」の文字のフォントがシンプルですてきです。

あえてシンプルになんの飾り気もない字体にしたのは、ここから皆さんの多様な考えやいろんなアートで、(「ONE - Our New Episode -」)を色づけ華やかにしていきたいと思っているので、まさにここから始まりで、みんなでこの物語を作っていこうという意味を込めて、シンプルにしました。

コンセプト「Human Orchestra(ヒューマンオーケストラ)」について、改めて思いを語っていただけますか?

オーケストラというのは皆さんご存知のように異なる楽器が連なって、一つのハーモニーを作り上げる総合芸術です。「Human Orchestra(ヒューマンオーケストラ)」は、今まで交じり合うことのなかったさまざまな人だけでなくパフォーマンスや音楽が交じり合い、見る側も体験する側も会ったことのない異なった人たちが連なって一つの新しいハーモニーを作り上げるという意味です。壇上に連なって一つの音楽体験をするだけではなくて、いろんなバラバラなコンテンツをまるで音楽フェスのように、いろんな世界を旅するように体現していく。その中で一つひとつ自分の感覚や意識が変わっていく。その集大成としてヒューマンオーケストラというコンセプトを掲げています。作り手だけではありません。みんながヒューマンオーケストラです。

パフォーマンスするアオイヤマダさん、清水文太さん、かんばらけんたさん(左から)

若者や外国人が集まる街、渋谷で

開催場所は渋谷区と伺いました。渋谷に決めた理由は?

皆さんご存知の通り、渋谷区はダイバーシティを推進している街です。若者もそうですが、外国人や多様な人たちがそこに集まり、新しい物語を作って、それが文化になっている街だと思うんです。僕も子どもの時から渋谷の街に繰り出して、渋谷の一本の路地を入るだけで自分の人生が変わってしまうような体験や出会いを経験してきました。そうやって意識が変わってきていることもあるので、渋谷といっても駅だけじゃなく渋谷区という多様な文化が交差しながら共鳴しあい調和しているこの街の中で、新しい物語をみんなで作れたらなと思いを込めて、みんなの意見の中で渋谷区を選ばせていただきました。

それぞれの文化に意識を持っている人たちは、すでに例えば障がいを持っている人たちの団体がやっているイベントやLGBTの方がやっているパレードなどに参加していると思うんですけれども、今回は(そういうことに)全く興味がなく、意識がなかった人たちが偶然的に、偶発的に目撃したり、友達にふらっと連れて来られて、そこで違う世界を知って、意識が変わってくるということが一番大切なことだと思っています。そういう意味で、極力、街の中でやれたらと思っています。

小橋さんが思い描かれるプログラムやコンテンツのイメージは?やってみたいこと、その遺産はどんなものでしょうか。

さまざまな方に参画してもらうので、できるだけいろんなコンテンツを用意したいなと思っています。僕は、芸術や文化の始まりはもとを正せば、自然の音、風や川の音が音楽になり、音楽が芸能芸術に派生していったと思っています。音楽というのは奏でるだけではなくて、聴いたり、バイブレーションで耳が聞こえなくても感じることができる。さまざまな人たちが参加できる要素になると思っています。もちろん音楽だけではなくて音楽をベースにしたさまざまな表現を体現できるようなもの、ヒューマンオーケストラはそういうものにしていきたいと思っています。

文化に興味のなかった人たちにも届ける。エンターテイメント性は僕の得意な分野でもあると思うんですけれども、エンターテインメントというのは、知らなかった人やわからない人に伝える翻訳言語だと思っています。この東京2020オリンピック・パラリンピックは一つのお祭りだと思うので祝祭感、頭で参加するんじゃなくてワクワクしながら楽しそうだから行ってみようと思って行った体験が人々の気づきにつながるような、きっかけになるような仕組みを考えたいと思っています。音楽監督や参加してくださるいろんな著名の方々と、街中のパブリックスペースということも含めて、参加しやすい空気感というのを作っていきたいと思います。

「体験が人々の気づきにつながるような、きっかけになるような仕組みを考えたい」

(後編に続く)

東京2020 NIPPON フェスティバルとは

世界の注目が日本・東京に集まる2020年4月頃から9月頃にかけて実施する、東京2020大会の公式文化プログラムです。日本が誇る文化を国内外に強く発信するとともに、共生社会の実現を目指して多様な人々の参加や交流を生み出すことや、文化・芸術活動を通して多くの人々が東京2020大会へ参加できる機会をつくり、大会に向けて期待感を高めることを目的としています。

東京2020 NIPPONフェスティバル