東京2020 NIPPONフェスティバル「共生社会の実現に向けて」の事業タイトルが「ONE - Our New Episode -」に決定

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は2019年8月28日(水)、東京2020 NIPPONフェスティバルの4つの主催プログラムの一つ「共生社会の実現に向けて」の事業タイトル・コンセプト、企画概要を、クリエイティブディレクターの小橋賢児氏と、プログラム参画メンバーとともに発表しました。

事業タイトルを発表するクリエイティブディレクターの小橋賢児さん

事業タイトルは、「ONE - Our New Episode -」、コンセプトは「Human Orchestra(ヒューマンオーケストラ)」。タイトルとコンセプトについて、ディレクターの小橋さんは、「これまで交わったことのない人たち、多様な人たちが集まり、一人ひとりの個性を生かしながら新しい物語を作っていく。聴いたことのない、見たことのないヒューマンが奏でるハーモニー。これはチャレンジです。出会ったことのない表現に出会うのが楽しみです。わくわくしています」と語りました。

ディレクターの小橋さんと「共生社会の実現に向けて」プログラム参画メンバー

古い垣根を超えて交ざり合い、街中で繰り広げられる、音楽、文化、アート、パフォーマンスを通じてさまざまなジャンルでさまざまな個性が輝く。そしてその個性を目撃し、交ざり合うことで、誰もが、何かを感じ、気づき、変わり始めていく。そうした「ダイバーシティ&インクルージョンな肌感・実感」を生みだす新しい文化創造事業を渋谷の街で展開し、一般の方も参加して、それぞれの領域を超え、新しい物語を作っていきます。

会見では、その「はじまりのはじまり」として、ヒューマンオーケストラメンバーの車いすダンサーのかんばらけんたさん、ダンサーのアオイヤマダさん、アーティスト・クリエイターの清水文太さんがコラボレーション・ダンスパフォーマンスを披露。一般社団法人WITH ALS代表の武藤将胤さんがそのダンスの音楽を担当した。続けて、アーティストのヴィヴィアン佐藤さんによるヘッドドレスワークショップも行われ、キッズモデルの子どもたちも華やかな衣装で登場。「着飾ることは、本来の自分に戻ること。本来持っているもの、潜在を掘り起こすこと」とヴィヴィアン佐藤さん。子どもたちも「楽しい」と笑顔を見せていました。

コラボレーション・ダンス

かんばらけんたさん

音楽を担当した武藤将胤さん

ヴィヴィアン佐藤さんと子どもたち

また、2019 年10月6日(日)に、プレイベント「ONE - Our New Episode - in KANAGAWA」が、神奈川県庁前の日本大通り及び神奈川県庁本庁舎で行われることも発表されました。そのプレイベントや東京2020 NIPPONフェスティバルの詳細は以下の「東京2020 NIPPONフェスティバル特設ページに随時、掲載されます。

東京2020 NIPPONフェスティバル

タイトル「ONE - Our New Episode -」について

個々を尊重しながら、多様な個性が交じり合って1つとなり、新しい物語を創りあげていく。その物語が、互いを認めあう社会へとつながっていくことを願ってつけられました。

コンセプト「Human Orchestra」について

オーケストラのように多様な個性が交じり合い、奏でられたハーモニーを通じて、他人を知り、そして自分を知るというプロセスの中で、互いを認めあえる社会へのきっかけを創ります。

会見に参加した「Human Orchestra」メンバー

かんばらけんたさん、アオイヤマダさん、清水文太さん、ヴィヴィアン佐藤さん、武藤将胤さん、伊是名夏子さん(コラムニスト)、児島響さん(ピアニスト)、松田崇弥さん(株式会社ヘラルボニー代表取締役)、林曉甫さん、菊池宏子さん(NPO法人インビジブル)、下司尚実さん(自由形ユニット"泥棒対策ライト"主宰/振付家)、齋藤ヒロスミさん(株式会社WooraFront)、潤間大仁さん(「共生社会の実現にむけて」コンテンツ演出家)、山峰潤也さん(「共生社会の実現にむけて」コンテンツ監修、キュレーター)
彼らだけでなく「Human Orchestra」メンバーはこれから増えていきます。みんながメンバーであり、あなたもメンバーです。

東京2020 NIPPON フェスティバルとは

世界の注目が日本・東京に集まる2020年4月頃から9月頃にかけて実施する、東京2020大会の公式文化プログラムです。日本が誇る文化を国内外に強く発信するとともに、共生社会の実現を目指して多様な人々の参加や交流を生み出すことや、文化・芸術活動を通して多くの人々が東京2020大会へ参加できる機会をつくり、大会に向けて期待感を高めることを目的としています。