東京で世界記録を 「ブレード・ジャンパー」マルクス・レーム選手が思い描く東京2020パラリンピック

励みになった8m50cmジャンプ

東京2020パラリンピックまで1年を切り、パラリンピックチャンピオンのマルクス・レーム選手はそのときを待ちきれない思いで待っています。

マルクス・レーム選手は現在31歳。2019年8月25日(日)に東京2020パラリンピック1年前カウントダウンイベントのデモンストレーションで、8m50cmという驚くべき跳躍を見せてくれました。代々木公園で数百人が見守る中で、2018年に自ら出した走り幅跳びT64の世界記録(8.48m)を更新。公式記録としては認められませんが、東京2020パラリンピックで3大会連続のパラリンピック金メダルを狙うマルクス・レーム選手にとって、勇気づけになりました。

「東京2020パラリンピックでも同じようなジャンプをして記録を更新できるように一生懸命トレーニングするつもりです。だからぜひ観に来てください」と話しました。

「ブレード・ジャンパー」としても知られるマルクス・レーム選手は、過去3回のオリンピックでも金メダルを獲得できた可能性があります。現在のT64レコードは、1991年にアメリカのマイク・パウエルが出した8.95mの世界記録にもさほど遠くはないのです。

東京2020パラリンピックは、ロンドン2012パラリンピックよりも規模が大きくなりつつあり、1年前イベントでも大きな反響を呼び、多くの人が楽しみにしながら応援しています。

1年前カウントダウンイベントのデモンストレーションで、8m50cmの跳躍

「パラリンピックの陸上競技への関心がどのように高まっているかを見るのは素晴らしいことです......大会の顔になれることが嬉しいことですし、その役割にふさわしい人物になれるよう最善を尽くしたいと思います」とマルクス・レーム選手。

「できるかぎり遠くまで跳んで、パラリンピックの選手がオリンピックの選手と同等であることを世界に見せたいと思って努力してきました。私たちはプロの選手であり、素晴らしい競技や素晴らしいパフォーマンスを見たいならパラリンピックを見なければと思ってもらえるように。パラリンピックはすごいですよ」

スタジアムを見て、開会式が待ちきれない

リオ2016パラリンピックの閉会式のあと、マルクス・レーム選手は、東京2020パラリンピックに向けてドイツチームを作ることを視野にいれ取り組んできました。

「リオ2016パラリンピックを終えて、少し休みを取ってから東京2020への準備を始めました」

「それまでにいくつか大事なイベントがあります。今年はドバイでの世界大会があります。これが次の大きな目標ですが、それが終わって少し休んでから東京2020に焦点を合わせていきます」

マルクス・レーム選手は東京に5度来ていますが、大会が近づくにつれて、東京2020パラリンピックの開催都市に戻ってくるのがより楽しみになり、東京を訪れるたびに興奮が増すといいます。

「初めてスタジアムを見ることができました。すてきですね。開会式で(スタジアムを)歩くのが待ちきれません。開会式だけでなく競うのも待ちきれないです」

障がいのない人にも大きなインパクト

障がい者スポーツは1世紀以上にわたる豊かな歴史がありますが、第二次世界大戦後まで広く知られていませんでした。1948年にストーク・マンデビル病院で開かれた大会は、軍人および女性である車いすのアスリートにアーチェリーに参加する機会を与えた最初の競技大会でした。

それがパラリンピックの始まりでした。

ストーク・マンデヴィル大会が開催されてからわずか12年後、23か国から400人以上の選手が競い合い、ローマで初めてのパラリンピックが開催されました。

それ以来、世界中の障がい者アスリートが4年ごとに1つの都市に集まり、スポーツの頂点に立つことを祝い、東京2020パラリンピックでは、4400人のアスリートが22の異なるスポーツで競い合います。パラリンピックはもはや障がい者スポーツのコミュニティを超えています。

ボッチャの杉村英孝選手とドゥエーン・ケールIPC副会長

「東京2020パラリンピックは障がいのある人だけでなく、障がいのない人にも大きなインパクトを与えるでしょう」とマルクス・レーム選手は話します。

「パラリンピックのアスリートには感動的なストーリーがあり、生きていく中での困難な状況や先入観、挫折なども乗り越えて参加しています。パラリンピックのアスリートから学べることがたくさんあると思います」

「私は他の人の話を聞き、彼らが乗り越えてきたことを聞くのが好きで、それは私自身にとって今も刺激的です。それは素晴らしいメッセージだと思います」

東京2020パラリンピックは2020年8月25日(火)の開会式翌日から9月6日(日)まで行われます。

関連リンク

パラリンピック競技スケジュール
パラリンピック22競技特設ページ
パラリンピック観戦チケット