東京2020みんなのフードプロジェクト 日本の「食」を選手村アスリートへとどけよう! あなたのメニュー募集キャンペーン 募集開始のお知らせ

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は、選手村のカジュアルダイニング()で提供される一部のメニューを募集する「東京2020みんなのフードプロジェクト 日本の「食」を選手村アスリートへとどけよう!あなたのメニュー募集キャンペーン」(以下、「東京2020みんなのフードプロジェクト」)を開始しました。

共催5社と募集開始&発表イベントを開催する様子

「東京2020みんなのフードプロジェクト」は、世界のアスリートに知ってほしい、堪能・楽しんでほしい、日本の食文化や食卓の味などを広く一般の方々から募集する参加型のプロジェクトです。メニューそのものだけではなく、メニューにまつわるエピソードや調理のポイントなども含めて募集し、総合的に選定させていただきます。採用されたメニューはカジュアルダイニングにおいて実際に世界各国のアスリートにふるまわれるほか、考案者にはアスリートを交えた試食会への参加など、すてきな特典を検討しております。

ゲストによるトークセッションの様子
ゲストが募集開始を発表する様子

募集のスタートを記念して、2019年8月8日(木)には募集開始&発表イベントを行いました。発表会には、TOKIOの城島茂氏、フリーアナウンサーの木佐彩子氏、オリンピアンの池田信太郎氏、パラリンピアンの田口亜希氏が登場し、キャンペーンの開始を盛り上げました。また、本キャンペーンにご協力いただく東京2020パートナー5社もご登壇され、「食」という切り口で東京2020大会を考える時間となりました。

東京2020大会に「食」の観点から参加する機会として、また、世界に日本の「食」の魅力を発信する機会として、アスリートに食べてほしいおいしい我が家の味など、皆さまからのたくさんのご応募をお待ちしております!

ご応募にあたっては以下の特設サイトをご覧ください。(応募期間:2019年8月8日から9月6日まで)

東京2020みんなのフードプロジェクト特設サイト

みんなのフードプロジェクト あなたのメニュー募集キャンぺーンのお知らせです。

)選手村カジュアルダイニングとは?
選手村の中にあり、日本の食文化の発信の場として、被災地や東京都産の食材、各地の特産物など、さまざまな食材を活用したメニューを提供することで、アスリートにリラックスして日本の食文化を堪能・楽しんでいただくことを目的としたダイニングです。