東京2020パラリンピックスポーツピクトグラムの発表について

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック組織員会(東京2020組織委員会)は、東京2020パラリンピックスポーツピクトグラムを発表しましたのでお知らせいたします。グラフィックデザイナーである廣村正彰氏等で編成される開発チームが、全22競技23種類のパラリンピックスポーツピクトグラムを制作しました。
スポーツピクトグラムは、それぞれの競技を正確に表すと同時に、コミュニケーションツールとして情報を伝える大切な役割があります。また、開催期間のみならず、後年にわたって人々の記憶の中にその大会を印象づけるものです。東京2020パラリンピックスポーツピクトグラムは、1964年の東京オリンピックで生まれたスポーツピクトグラムの考え方を継承するだけでなく、さらに発展させ、躍動するアスリートの動きを魅力的に引き出すデザインとなっています。
東京2020パラリンピックスポーツピクトグラムは、パラリンピックの新たなレガシーとして未来に継承されていきます。

コンセプトムービー

コンセプトムービー

紹介ムービー

紹介ムービー

東京2020パラリンピックスポーツピクトグラム デザイン開発のポイント

東京2020パラリンピックスポーツピクトグラムは、パラリンピック競技ならではのルール、アスリートの体の使い方、競技用具などをピクトグラムで正確に表現し、躍動するアスリートの動きを魅力的に伝えるデザインとなっています。

(制作過程例:シッティングバレーボール)

東京2020スポーツピクトグラムのコンセプト

東京1964オリンピック競技大会のスポーツピクトグラムは、世界中の人々が言語を問わず誰でも理解ができるように、「情報伝達」という点を重視して作られました。東京2020スポーツピクトグラムは、その情報伝達という考え方を継承するだけでなく、さらに発展させ、躍動するアスリートの動きを魅力的に引き出す設計で開発されました。これにより、大会競技を彩る装飾としての機能もかなえるピクトグラムが誕生しました。"Innovation from Harmony"という東京2020のブランドプロミスに基づき、1964年のピクトグラムを先人へのリスペクトとともに継承・進化させ、新しい時代の革新的なピクトグラムとなっています。

東京2020スポーツピクトグラムの展開

東京2020ピクトグラムは2種類で展開されます。一つは、ピクトグラム単体で表現される「フリータイプ」。もう一つは東京2020エンブレムをイメージする"円型"の中におさめられた「フレームタイプ」です。フリータイプは、主にポスター、チケット、ライセンス商品等に用いられます。また、フレームタイプは、地図表記、サイン類、ガイドブック、ウェブサイト等で競技に関する情報伝達のために用いられます。
また、東京2020スポーツピクトグラムは、大会ブランドの一貫性を大切にするため、エンブレムブルーを基本カラーとしています。加えて、東京2020大会の大会ルックに用いられる、紅(くれない)、藍(あい)、桜(さくら)、藤(ふじ)、松葉(まつば)のコアグラフィックスカラーをサブーとして設定しています。

 

開発チーム/デザイナー情報

氏名:廣村正彰(ひろむら まさあき)
生年月日:1954年8月6日
出身地:愛知県
居住地:東京都
職業:グラフィックデザイナー
プロフィール:
1988年 田中一光デザイン室を経て、廣村デザイン事務所設立。グラフィックデザインを中心に、美術館や商業、教育施設などのCI(コーポレートアイデンティティ)、VI(ビジュアルアイデンティディ)計画、サインデザインを手がけている。多摩美術大学客員教授、一般社団法人ジャパンクリエイティブ代表理事。近著『デザインからデザインまで』(ADP)他。
代表的な仕事(受賞歴含む):
日本科学未来館、横須賀美術館、鉄道博物館、9hナインアワーズ、すみだ水族館、東京ステーションギャラリー、名古屋城本丸御殿、そごう・西武、ロフトのアートディレクションなど。主な受賞歴:N.Y.ADC 9th International Annual Exhibition銀賞、KU/KAN賞、毎日デザイン賞受賞、グッドデザイン賞金賞、SDAサインデザイン大賞 など

廣村 正彰 東京2020オリンピックスポーツピクトグラム開発チームデザイナーコメント

今回、東京2020スポーツピクトグラムのデザインに携われることになり大変光栄です。1964年の東京大会で日本のデザイン界の先駆者たちが生み出してくれたレガシーを出発点に、躍動するアスリートの美しさを各競技のスポーツピクトグラムに表現させていただきました。その完成には実に2年近い年月がかけられており、多くの関係者の思いが込められています。この東京2020スポーツピクトグラムが、大会前から各競技への期待を膨らませ、東京2020大会本番を彩ってくれることを願っております。

東京2020公式ライセンス商品の発売について

本日より東京2020オフィシャルショップ各店舗および東京2020オフィシャルオンラインショップ等にてスポーツピクトグラムを活用した第一弾の商品を発売いたします!
東京2020オフィシャルオンラインショップ(別ウィンドウで開く)