東京2020パラリンピック競技大会マラソンコースの決定について

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は、東京2020パラリンピック競技大会において2020年9月6日に開催される陸上競技のマラソンについて、国際パラ陸上競技連盟(WPA)の承認を得て、コースを決定いたしました。
東京2020オリンピック競技大会のコースと同様、現在建設中の新国立競技場(オリンピックスタジアム)をスタート・フィニッシュとして、浅草雷門、日本橋、銀座、増上寺、東京タワー、皇居外苑など東京の名所を回る42.195㎞のコースとなっています。

コース詳細

オリンピックスタジアム~富久町~水道橋~神保町~神田~日本橋~浅草雷門~日本橋~銀座~増上寺~銀座~日本橋~神田~神保町~皇居外苑~神保町~水道橋~富久町~オリンピックスタジアム

東京2020パラリンピック競技大会マラソンコース

東京2020パラリンピック競技大会 陸上競技 マラソン実施種目

マラソン T12(男子/女子)(視覚障がい)
マラソン T46(男子)   (上肢切断など)
マラソン T54(男子/女子)(脳性まひ以外の車いす)
上記の実施種目全て、同じコースを走ります

ハウジェ・ガオ WPA(World Para Athletics)代表 コメント参考和訳

マラソンは、パラ陸上競技プログラムの注目競技の1つです。5つのレースが行われることになるので、ファンと交流できる素晴らしい機会になると思います。東京の名所を回り、新国立競技場に戻ってくるというコースは、アスリートにとって特別な経験となるでしょう。主催者のご尽力に感謝します。来年9月6日のレースが今から待ちきれない思いです。

増田 明美 一般社団法人日本パラ陸上競技連盟会長コメント

東京2020パラリンピック競技大会まで残り500日を迎えるこのタイミングで、マラソンコースが決定したことを大変嬉しく思います。走っている選手にとっても、応援する観客にとっても「ザ・東京」を感じていただくことのできる魅力的なコース。ただ選手にとっては、終盤の上り坂があまりに過酷です。特に車いすの選手には、過去最高にキツイ舞台かもしれません。だからこそ、それを乗り越えてフィニッシュのオリンピックスタジアムに入った時の大声援に、欣喜雀躍の思いになるでしょう。これもオリンピックとパラリンピックが、全く同じコースで行われるおかげです。ペース配分や戦略がものをいう、頭を使うコースです。

西田 宗城 選手 陸上競技(マラソン)コメント

東京2020パラリンピック競技大会のマラソンコースは、東京の名所を駆け抜けることができ、世界中の選手にとって魅力のあるコースになると思います。車いすレースの魅力である迫力感溢れるスピードと繰り返し続く駆け引きを、沿道で感じていただければ嬉しいです。沿道の皆さんの声援が選手たちにとって追い風となり、それが力となります。選手たちと一緒に素晴らしいレースを作り上げましょう。

道下 美里 選手 陸上競技(マラソン/リオ2016パラリンピック競技大会 銀メダル) コメント

東京2020パラリンピック競技大会のマラソンコースは、比較的綺麗なアスファルト舗装で、往復エリアが数カ所あり、ブラインドランナーにとって走りやすいコースです。マラソンコースが交通網に優れ、移動がスムーズにでき応援をしてもらいやすい環境であることも嬉しく思います。また、東京2020オリンピック競技大会と同じ大都市の公道を、ブラインドランナーが疾走する姿を想像するだけで、胸が熱くなります。パラリンピックの最終日、たくさんの方々と感動を共有できることを心から願っています。