東京2020 NIPPONフェスティバル キャッチフレーズ・東京2020組織委員会主催事業の企画概要・コンセプト映像を発表

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)はこのたび、「東京2020 NIPPONフェスティバル」のキャッチフレーズ、東京2020組織委員会主催プログラムの企画概要およびコンセプト映像を策定・制作しました。東京2020 NIPPONフェスティバルとは、世界の注目が日本・東京に集まる2020年4月頃から9月にかけて実施する、東京2020大会の公式文化プログラムです。日本が誇る文化を国内外に強く発信するとともに、共生社会の実現を目指して多様な人々の参加や交流を生み出すことや、文化・芸術活動を通して多くの人々が東京2020大会へ参加できる機会をつくり、大会に向けて期待感を高めることを目的としています。

キャッチフレーズ「Blooming of Culture 文化は、出会いから花開く。」を発表しました。

「Blooming of Culture 文化は、出会いから花開く。」
東京2020 NIPPONフェスティバルの大きな方向性を示すコンセプトの目的や価値を体現するキャッチフレーズを発表しました。様々な人と人の出会いから生み出される新たな文化と感動を、フェスティバルらしい華やかな言葉で祝祭とともに表現しました。四季を楽しむ日本ならではのキャッチフレーズにより、日本中で東京2020 NIPPONフェスティバルとともに文化が花開くという願いが込められています。多くの方々にとって覚えやすく口ずさみやすいこと、日本のみならず世界各国の方々に興味をもっていただくため、キャッチフレーズは和英併記としました。

東京2020組織委員会が主催する4つのプログラムの概要

テーマ:「大会に向けた祝祭感(キックオフ)」

東西を代表する無形文化遺産・舞台芸術(歌舞伎とオペラ)の融合による世界初の舞台を2020年の東京で実現。このプログラムの中心となるのは、日本を代表する歌舞伎俳優である市川海老蔵さんとオペラ界のマエストロであり、世界的なアーチストであるプラシド・ドミンゴさんとの夢のコラボレーションステージです。

歌舞伎役者 市川海老蔵

歌舞伎役者 市川海老蔵

テーマ:「参加と交流(オリンピック開幕直前期)」

日本文化を通じて様々な人々が交流する場・イベントを創出。世界の人々と、出会い、話し、共創し、TOMODACHIになる、語り合う場を創造します。フィナーレでは参加者全員が共同作業を通じてTOKYOで心が1つになる演出を構成中です。

テーマ:「共生社会の実現(パラリンピック開幕直前期)」

パラリンピックムーヴメント「違う個性、同じ鼓動」をテーマに、障がいのある人やLGBTを含めた多様な人々が参画し、街中で様々なアートやパフォーマンス活動などを開催。参加を通じて個性を輝かせ、個性を目撃する「ダイバーシティ&インクルージョン」の新しい文化創造事業を展開します。クリエイティブディレクターは、リアル株式会社 代表取締役の小橋 賢児氏が務めます。

クリエイティブディレクター小橋 賢児

クリエイティブディレクター
小橋 賢児

テーマ:「東北復興(2020年5月~7月)」

東北各県や東北絆まつりと連携し、東北各地・東京を舞台とした文化プログラムを展開。「しあわせはこぶ旅 モッコが復興を歩む 東北からTOKYOへ」と題して、各会場で東北の人々のメッセージを預かった巨大人形(モッコ)が、東京を目指して旅をしながら国内外へ東北の現在の姿を発信します。モッコが東北に根付く文化や、人々との出会いを重ねるといったロードストーリーを背景に、新しい形の文化事業を展開します。クリエイティブディレクターは、東京藝術大学 学長特別補佐・美術学部デザイン科教授の箭内 道彦氏が務めます。

クリエイティブディレクター箭内 道彦

クリエイティブディレクター
箭内 道彦

東京2020 NIPPONフェスティバル コンセプト映像

映像は、フェスティバルマークをモチーフとして「律」と「律動」を主題に野老 朝雄氏が制作、アルゴリズミック・デザインで松川 昌平氏が、太鼓で林 英哲氏が参加しました。4月中に開設予定の東京2020 NIPPONフェスティバル特設ウェブサイトでご覧いただけるほか、より多くの方に興味を持っていただくために、フェスティバルに関わるさまざまな場所で活用していきます。

コンセプト映像(ショートバージョン)(別ウィンドウで開く)
コンセプト映像(ロングバージョン)(別ウィンドウで開く)

コンセプト映像製作スタッフ

ディレクター
野老 朝雄(アーティスト / フェスティバルマーク製作者)
アルゴリズミック・デザイン
松川 昌平(建築家 / 慶応義塾大学SFC 環境情報学部准教授)
太鼓奏者
林 英哲(太鼓演奏者 / 英哲風雲の会)
プロデューサー
山口 慶子