小中学生が描く東京2020大会~東京2020大会マスコットと〇〇~

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は、2015年度より全国の小・中学校、特別支援学校、海外の日本人学校などに在籍する小・中学生および小・中学部生から、東京2020大会への関心や参加意識を高めてもらうことを目的にオリンピック・パラリンピックをテーマとしたポスターを募集しています。

2018年度のテーマは「東京2020マスコットと○○」です。東京2020組織委員会は2018年度「小・中学生からのポスター募集事業」にご応募いただいた31,719点の作品の中から32点(金賞4点、銀賞4点、銅賞5点、谷口賞1点、優秀作品18点)を選出し、3月29日(金)に表彰式を開催しました。

2018年度金賞受賞者の皆さんのコメントをご紹介します。

埼玉県 戸田市立戸田南小学校5年 有村 美空(ありむら みく)さん

応援している私達も大会を作る一員である事を思いながら描きました。
たくさんの人達の想いを、聖火リレーという形でつないでいくミライトワとソメイティ、そして応援している私達 "TOKYO2020"の文字は様々な競技のピクトグラムを組み合わせて作りました。

有村美空さんの作品

熊本県 熊本県立苓北支援学校小学部5年 大草 雄(おおくさ ゆう)さん

小学部の5人で苓北の海をテーマにポスターを作りました。
好きな色を選んで障子紙を染め、染めた紙を友達と交換し合って台紙にしました。
ぼくは、色紙をびりびり破るのが得意なので、破った色紙で海の生き物を先生と一緒に作りました。
先生や園の人が「おめでとう」と声をかけてくれたので嬉しくてにっこりしました。

大草雄さんの作品

愛知県 名古屋市立高杉中学校2年 田平 理湖(たひら りこ)さん

金賞に選んで頂きありがとうございます。このポスターでは、浮世絵をモチーフにすることで外国の方にも日本らしさが伝わるよう工夫しました。2020年に向けて練習に励むアスリートの方々へ、応援の気持ちを込めて描きました。

田平理湖さんの作品

山形県 山形県立新庄養護学校中学部2年 岡田 京介(おかだ きょうすけ)さん、小林 吉輝(こばやし よしき)さん、東海林 和人(とうかいりん かずと)さん、高橋 陸(たかはし りく)さん

日本の夏と言えば「花火!!」2020年の夏、日本でオリンピックが開催されるうれしさと、世界中から日本に来てくれる選手やお客様を「花火」でもてなしたいという思いを作品に込めました。

岡田京介さん、小林吉輝さん、東海林和人さん、高橋陸さんの作品

作品展示について

応募いただいた作品は、今後以下のパートナー関連施設ほか、東京2020大会関連のイベント会場、東京都や様々な自治体などにおいて展示を予定しています。

パナソニック株式会社(ワールドワイドオリンピック/パラリンピックパートナー)
展示場所:パナソニックセンター東京(所在地:東京都江東区有明3-5-1)1階「NEXTコミュニケーション」エリア
展示期間:2019年3月29日(金)から4月26日(金)まで 10:00~18:00
イベント実施のため一時投影を中断することがあります。