大会関係者用無線機器周波数申請受付を開始しました

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は、本日(2019年2月1日)、東京2020大会関係者が大会のために使用する無線機器の周波数申請受付を開始しました。

日本国内で無線機器を利用するには原則無線局の免許等が必要であり、東京2020大会では、東京2020組織委員会が必要に応じ無線局の免許等を大会関係者に代わり取得するとともに、無線機器が正常に混信なく運用できるよう周波数調整を実施します。

なお、既存の日本の免許を持っている場合でも、東京2020大会での利用には組織委員会の事前の承認が必要となります。また、開催都市である東京では周波数の割当てが極めて難しい状況となっているため、無線機器の利用は必要最小限となるようにお願いします。

周波数申請手続の詳細については、周波数申請ガイドを参照下さい。

(ファイルをダウンロード)周波数申請ガイド(PDF:2.4 MB)

東京2020組織委員会は、東京2020大会において無線システムが効率的に使用されるよう、引き続き大会関係者と周波数調整を進め、大会の成功へ向けて取り組んでまいります。

関連リンク

大会環境整備