東京2020テストイベントカレンダー(第3弾)の公表について

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は、今年の夏より本格的に行われる東京2020テストイベントのスケジュールについて、本日、第3弾を公表いたしました。
東京2020テストイベントは、東京2020大会の成功に向けて、主に競技運営および大会運営の能力を高めることを目的として行うものです。2020年の大会本番で使用する設備や施設、会場において、課題の抽出、リスク精査に焦点をあてたテスト計画を遂行しつつ、1.競技エリア、2.テクノロジー、3.運営スタッフの3つの必須要素に注力した、いわゆる技術的部分を中心にテストを行います。また、大会関係者との連携を強化する貴重な機会としても捉えています。

東京2020テストイベントは大きく2つに分類され、IF・NF(国際・国内競技連盟)主催のものと、東京2020組織委員会主催のものがあり、あわせて56のテストイベントが予定されています。開催時期によって、以下のとおり、Wave1からWave3に分類されます。
なお、現在調整中のイベントについては、引き続きIF、NF等との調整を行い、決まり次第、順次公表する予定です。

  • Wave1(2019年7月~2019年9月):屋外競技を中心に本番に近い夏季に実施
  • Wave2(2019年10月~2020年2月):屋内競技を中心に実施
  • Wave3(2020年3月~2020年5月):指揮命令系統の最終確認などを目的に実施

テストイベントカレンダーの詳細は以下でご覧ください。

東京2020テストイベント