東京2020組織委員会公式「TOKYO 2020 OFFICIAL CARD」クレジットカード・プリペイドカードの2種類で新登場

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は、東京2020組織委員会の公式決済カードとなる「TOKYO 2020 OFFICIAL CARD」(「TOKYO 2020 CARD」)の発行を2019年1月21日(月)14時より開始し、発表会を行いました。

この「TOKYO 2020 CARD」は、東京2020大会で使える唯一の決済ブランドであるVisaのカードで、タイプはクレジットカードとプリペイドカードの2種類をご用意しています。両カード共に年会費は無料で、国際標準のセキュリティ認証技術を活用した決済方法である「Visa非接触IC決済サービス」にも対応しており、本サービスに対応している店舗では、レジにあるリーダーにタッチするだけで、キャッシュレスでお支払いが完了。入会時には、東京2020大会のチケット購入時に必要となる"TOKYO 2020 ID"の登録も同時に行っていただくことから、カード情報とTOKYO 2020 IDが紐付いた形で発行されるので、チケット購入にも便利にご利用いただけます。

発表会には、東京2020オリンピック競技大会の追加種目となったサーフィンの黒川日菜子選手と、リオ2016大会を含む過去5回のパラリンピック競技大会に出場している陸上競技の鈴木徹選手が登場。TOKYO 2020 OFFICIAL CARDを使って、お買い物のデモンストレーションを行っていただきました。

デモンストレーションを行う黒川選手

デモンストレーションを行う鈴木選手

実際にプリペイドカードでタッチ決済を体験した鈴木選手からは「タッチするだけで簡単に決済できて、とっても便利。プリペイドカードは上限金額も決まっているので安心して子供にも持たせられますね。」との感想をいただきました。

カードデザインは、エンブレムをモチーフにした落ち着いたデザインが1種類と、東京2020マスコットをモチーフにした可愛らしいデザイン(横型・縦型)2種類の、合計3種類をお選びいただけます。発表会には、東京2020マスコットのミライトワとソメイティも登場。

マスコットと記念写真

TOKYO 2020 OFFICIAL CARD

デザインについて、黒川選手は「マスコット柄がとってもかわいい!私もぜひ作りたいです。私は青(藍色)が好きなので、クレジットカードを作ろうかなと思います。」とコメントしていました。

TOKYO 2020 OFFICIAL CARDに入会された方には、今回、「TOKYO 2020 CARD」の発行を記念して、限定オリジナルステッカーをプレゼントします。また、2月25日(月)午後からは、Visa提供の「抽選で当たる! 東京2020オリンピック 観戦チケットキャンペーン」がスタート。2019年1月21日(月)から同年3月31日(日)までに「TOKYO 2020 CARD」をお申し込みいただいた方の中から抽選で15組30名様に、東京2020オリンピック競技大会の観戦チケット(※観戦チケットの競技等は、お選びいただくことはできません。)が当たります。 TOKYO 2020 OFFICIAL CARDでは、今後も様々な東京2020大会ならではの特典を次々に発表する予定です。お見逃しなく!

TOKYO 2020 OFFICIAL CARDについて
スペシャル特典について(別ウィンドウで開く)