東京2020パラリンピック競技大会セッションスケジュール発表!全22競技が織りなす最高にドラマチックな夏

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は、東京2020パラリンピック競技大会の競技日程のうち、セッションスケジュール(1)について、国際パラリンピック委員会(IPC)の承認を得て、本日発表いたしました。

パラリンピック競技大会22競技540種目が1都3県(東京、埼玉、千葉、静岡)の21会場で実施され、史上最多4,400人(2)の選手による白熱した戦いが、2020年8月25日の開会式翌日から9月6日の閉幕まで、12日間に渡り繰り広げられます。大会全体を通じて盛り上がりが続くよう、人気競技がバランスよく配置されています。全体的には家族連れをはじめとした幅広い層に競技会場へ観に来ていただきやすい時間設定としております。また、アスリートファーストな大会運営を目指すべく、暑さ等を考慮し、マラソンやトライアスロンは早朝に実施します。

セッションスケジュールは、アスリートファースト、国際競技連盟(IF)規則および規定を満たすこと、世界の視聴者の視点、人気競技のバランス、ジェンダーバランス、円滑なオペレーションという6つの基準を考慮し、IPCやIFなどの関係団体を中心に協議を進め、総合的に検討して策定してまいりました。

2019年夏にはチケットの国内一般販売の開始が予定されており、全540種目のイベントスケジュール(3)についても、関係団体と引き続き調整をしてまいります。なお、本日承認されたセッションスケジュールは、今後の調整により、変更される可能性があります。

2020年8月25日開幕!子どもたちに忘れられない思い出を。

開会式翌日の大会第1日目、8月26日には午前9時から5競技(ゴールボール・水泳・卓球・車いすバスケットボール・車いすフェンシング)がスタートし、次いで開始の2競技(自転車競技(トラック)・ウィルチェアーラグビー)と合わせて、初日は7競技が3都県(東京都、千葉県、静岡県)で開催されます。陸上競技(トラック&フィールド)は、新国立競技場(オリンピックスタジアム)で8月28日から9月5日まで続きます。大会第4日目の8月29日には、ボッチャが始まります。ボッチャは、障がいの程度が重いアスリートの参加機会を増やすというIPCの方針に沿って、リオ大会より8名増の116名の選手が参加します。また8月29日、30日の週末には、トライアスロンが、お台場海浜公園を中心に実施。各国・地域の放送権者(ライツホルダー)にパラリンピック史上初めてライブ映像が提供され、大会史上最も都会的なコースで開催されます。選手たちは声援を力にメダル争いを繰り広げ、沿道に詰めかけた子供たちの忘れられない思い出の一つになると期待しています。

大会中盤:団体競技の決勝を配置。大会後半に向けて熱気を高めます!

大会中盤である、大会第5日目8月30日午後6時から、ウィルチェアーラグビーの決勝戦が行われます。リオ大会で金メダルを獲得したオーストラリアチームを破って、今年の世界選手権を制した日本チームには大きな期待が集まります。過去大会では、ウィルチェアーラグビーは大会後半に行われていましたが、東京2020大会では後半に偏りがちな団体競技の決勝を中盤にも配置したことで、大会中盤から大会終盤に向けた熱気を高めてまいります。大会第7日目9月1日から行われる自転車競技(ロード)は、富士山を間近に望む、富士スピードウェイをスタート、ゴールとし、各種目とも富士山麓の起伏を活かしたコース設定となっています。

大会後半:注目セッションの決勝が続々と実施。終盤への盛り上がりへ。

本大会から新競技として採用されるバドミントンとテコンドーの2競技が大会終盤を盛り上げます。バドミントンは大会第8日目の9月2日から大会最終日9月6日まで国立代々木競技場で行われ、テコンドーは大会第9日目9月3日から大会第11日目9月5日まで幕張メッセBホールで開かれます。その他の競技でも、準決勝・決勝等の注目セッションが続々と実施され、大会のクライマックスに向けた盛り上がりを一気に加速させます。車いすテニスは、大会第10日目の9月4日から大会第11日目の9月5日にかけて男女の決勝が実施されます。車いすバスケットボールは、大会第11日目の9月5日に女子決勝、大会第12日目の9月6日に男子決勝を行います。パラリンピック競技の中でも世界的に人気・普及度ともに高い競技の一つであり、東京1964パラリンピックでも正式競技として採用されています。美しい放物線を描くシュートの正確性や車いすで駆けるスピード感、選手の巧みなチェアワーク、チーム戦略に基づいた選手同士の激しいポジション争いなど、多彩な魅力が大会終盤を飾ります。

東京の街の中心を疾走するマラソン競技で閉幕!

閉幕日の9月6日には男子/女子のマラソンが実施されます。「レーサー」と呼ばれる競技用車いすの最高時速40キロを超えるスピード、ブラインドランナーとガイドランナーの息の合った走りが堪能できます。東京の街の中心を疾走し、沿道の大観衆やテレビで生中継を見ている多くの視聴者の目を奪い、世界中の人々の心を動かし、東京2020パラリンピック競技大会のハイライトになると期待されます。

1 各競技、チケット単位のセッション(例:陸上競技午前の部、午後の部など。球技では、複数の試合が含まれる場合もあります。)の開始時間と終了時間を記載したものです。
2 4,400人は、東京2020パラリンピック競技大会の選手数の上限。実際の参加人数とは異なる可能性があります。
3 各セッション内で行われるイベント(種目)とその時間を記載したものです。

セッションスケジュールについては詳細ページをご覧ください。

パラリンピック競技スケジュール

森 喜朗 東京2020組織委員会会長 コメント

史上最多4,400名の世界のパラリンピアンによる、12日間の戦いのセッションスケジュールが決まりました。開幕から閉幕まで、全22競技がバランスよく日程が組まれ、毎日目が離せない、見どころがいっぱいのスケジュールです。世界中の皆さんに、今から大会を楽しみにしていただきたいと思います。
卓越したパフォーマンスによる迫力ある試合、限界に挑む姿、大会で生み出されるドラマの一つ一つを間近に見ることは、多くの人たちが心を揺さぶられる体験になると信じています。
IPC、IF関係者はじめ、長期にわたり競技日程の調整にご協力いただいた皆さまに感謝します。引き続き、大会の準備に尽力してまいります。