電波監視計画の公表について

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は、本日(2018年9月20日)、混信・妨害のない、安心・確実な周波数使用環境を確保するため、東京2020大会における電波監視の概要を示した「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会 電波監視計画」(電波監視計画)を公表いたしました。

電波監視計画は、混信・妨害から大会関係者を守るための日本の電波監視システム、持込み規制、法規制等を示し、混信・妨害のない、安心・確実な周波数使用環境を確保することを目的に策定したものです。

東京2020組織委員会は、大会関係者が大会のために使用する無線機器が混信・妨害を受けることなく適切に利用されるよう、日本の電波監理の所管官庁である総務省の協力を得て、大会の成功へ向けて電波監視に取り組んでまいります。

(ファイルをダウンロード)東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会 電波監視計画(PDF:1.6 MB)

関連情報

大会環境整備