東京2020オリンピック聖火リレー ギリシャ聖火採火式・聖火引継式・聖火日本到着日程決定

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は、本日(2018年9月12日)、国際オリンピック委員会(IOC)、ギリシャオリンピック委員会(HOC)と東京2020オリンピック聖火リレーのギリシャにおける聖火採火式、聖火引継式に関する日程を協議し、以下のとおり合意に達しました。

ギリシャ古代オリンピア市(ヘラ神殿跡)における聖火採火式は、2020年3月12日(木)に行われます。その後、ギリシャ国内において聖火リレーが3月19日(木)まで8日間開催され、最終日にアテネ市のパナシナイコスタジアムにおいて、聖火引継式が実施されます。
東京2020組織委員会に引き継がれた聖火は、3月20日(金)に宮城県にある航空自衛隊松島基地に到着。以降、東日本大震災被災県の宮城県、岩手県、福島県の順に2日間ずつ「復興の火」として展示された後、3月26日(木)に、福島県から東京2020オリンピック聖火リレーがスタートします。日程の詳細は以下をご覧ください。

東京2020オリンピック聖火リレー ギリシャ聖火採火式~福島県グランドスタート 日程

2020年3月12日(木) ギリシャ古代オリンピア市 聖火採火式
2020年3月12日(木)~19日(木) ギリシャ国内聖火リレー(8日間)
2020年3月19日(木) ギリシャアテネ市にて聖火引継式
2020年3月20日(金) 宮城県にある航空自衛隊松島基地に到着
2020年3月20日(金)~21日(土) 宮城県にて「復興の火」展示
2020年3月22日(日)~23日(月) 岩手県にて「復興の火」展示
2020年3月24日(火)~25日(水) 福島県にて「復興の火」展示
2020年3月26日(木) 福島県から日本全国を回る東京2020オリンピック聖火リレースタート
(すべて現地時間)

ギリシャ古代オリンピア市聖火採火式とは

古代オリンピック発祥の地オリンピア市にあるヘラ神殿跡で、聖火を採火する伝統的な儀式です。採火式は、古代の衣装に身を包んだ巫女(女優)が、凹面鏡で太陽光を集め、聖火を採取します。聖火は、第一走者に引き渡され、ギリシャ国内リレーの後、オリンピック開催国へと運ばれます。

ギリシャアテネ市聖火引継式とは

ギリシャオリンピック委員会からオリンピック開催国へ聖火を引き継ぐセレモニーのことです。パナシナイコスタジアムにおいて行われ、両国の文化イベントなどを実施し、一般公開されます。

東京2020オリンピック聖火リレー