「東京2020オフィシャルショップ新宿西口店」がオープン

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、7月23日(月)に、公式ライセンス商品を販売するオフィシャルショップを東京・新宿西口の商業施設内にオープンしました。
このオフィシャルショップは、東京2020大会終了時まで続く初の常設店舗です。

オフィシャルショップオープンに先立って店舗内で行われたオープニングイベントには、東京2020マスコットの「ミライトワ」と「ソメイティ」が駆けつけたほか、上野由岐子選手(ソフトボール女子/アテネ2004オリンピック競技大会 銅メダル、北京2008オリンピック競技大会 金メダル)と森下友紀選手(水泳/リオ2016パラリンピック競技大会)もお祝いに駆けつけ、テープカットを行うなど盛大にオープンを祝うセレモニーが行われました。

店舗正面 店内の様子

上野選手はミライトワの印象について、「特技が"瞬間移動"と聞いて、忍者みたいでかっこいいイメージ」を持ったそうです。そして、「ミライトワという名前には未来にかける色々な思いを込めてつけられたのだと思います。選手の活躍が未来につながるよう頑張ります。」とコメントしました。
また、東京2020公式ライセンス商品については「日常生活で使えるものが欲しいです。たとえばタオルは遠征にもたくさん持っていくので、ぜひ使いたいです。大会では、他の選手がどんな物を使っているのか意外と気になります。だから私がミライトワのタオルを使っていたら、きっとみんな欲しい!と言ってくれると思います。」と、コメントしました。

上野選手とミライトワ

森下選手はソメイティの名前の由来が、「ソメイヨシノ」と「so mighty(力強い)」であると聞いたとき、「桜の可愛さとパラリンピックだからこその「強さ」を表現しているところがかっこいい」との印象を持たれたそうです。
また、公式ライセンス商品については、「まだ浴衣をもっていないので私の初浴衣として買いたいです。ペンとかも学校で使ったらモチベーションも上がりそうですね。」とコメントしました。
まだ学生の森下選手には、ぜひ学校でもソメイティの文房具を使ってほしいですね。

森下選手とソメイティ

「東京2020オフィシャルショップ 新宿西口店」は、売り場面積も広く、700種類の商品が並ぶ常設店舗となります。東京2020公式ライセンス商品は今後も続々と新商品が登場していきます。商品の取り扱いは、東京2020オフィシャルショップ新宿西口店のほか、夏期限定で東京2020オフィシャルショップ渋谷店でも取り扱っています。ぜひお立ち寄りください。

「東京2020オフィシャルショップ」の店舗概要は下記のとおりです。各店舗の商品在庫等に関するお問い合わせは、下記各店舗の電話番号まで、直接お問い合わせください。

新宿西口店:ビックカメラ新宿西口店内 2F

オープン期間:2018年7月23日(月)~2020年9月30日(水)
営業時間:10:00~21:00
所在地:東京都新宿区西新宿1丁目5-1
店舗電話:03-5326-1111(ビックカメラ新宿西口店 代表電話)

渋谷店:東急百貨店東横店 1F

オープン期間:2018年7月23日(月)~8月22日(水)
営業時間:10:00~21:00
所在地:東京都渋谷区渋谷2-24-1
店舗電話:070-4064-3688(ショップ直通)