東京2020オリンピック競技大会セッションスケジュールの公表について 史上最多33競技の熱狂が続くエキサイティングな夏!

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は、本日(2018年7月18日)、ローザンヌ(スイス)で開催されている国際オリンピック委員会(IOC)理事会に出席し、東京2020オリンピック競技大会の競技日程のうち、セッションスケジュール(1)の承認を得ました。

2020年7月24日の開会式翌日から8月9日の閉幕まで、史上最多の33競技339種目が、42の競技会場で繰り広げられ、絶え間ない熱狂が17日間に凝縮されたエキサイティングなスケジュールとなっています。

開会式に先駆けて、2日前の7月22日には、まず福島でソフトボールが開幕し、サッカーの予選もスタート。開会式当日には、アーチェリーとボートが始まります。翌日の大会第1日目は、午前8時30分から射撃を皮切りにスタートし、水泳(水球)、バドミントン、体操(体操競技)、柔道、卓球、テニスなど21競技が行われます。中でも自転車競技は、男子ロードレースが午前11時に武蔵野の森公園をスタートし、世界のトップレーサーがゴールの富士スピードウェイを目指します。東京から富士山麓に挑む景色の変化と雄大な地形の映像は、世界中に東京2020オリンピックの開幕を印象付けます。

東京2020オリンピックの特徴でもあるアーバンスポーツは、バスケットボール(3×3)が開会式翌日から始まり、スケートボード(ストリート・パーク)、サーフィン、自転車競技(BMXフリースタイル)、スポーツクライミングが大会前半から後半までほぼ大会期間を通じて開催されることになり、若者の大会への興味を駆りたて続けます。

大会中盤、第1週目の週末には、多くの観客とテレビ視聴者の注目を集める「スーパーサタデー」を迎え、数多くの競技でメダルが決まる中、今大会初採用となる柔道の団体(混合)、トライアスロンの団体リレー(混合)や射撃のトラップ(混合)が開催されるなど、23競技が実施される大会の興奮が凝縮された1日になります。

大会後半では、レスリング、空手や団体競技の準決勝・決勝など、注目セッションが実施され、終盤に向けて世界中で熱気の高まりが期待できます。オリンピックの花形競技と言われる陸上競技は、大会の象徴となる新国立競技場(オリンピックスタジアム)で7月31日から実施され、10日間の熱戦を繰り広げます。大会の最終日には、男子マラソンが実施され、大都市東京の中心を疾走する選手たちに大観衆が声援を送り、祝祭感にあふれた大会を象徴するハイライトのひとつになります。

セッションスケジュールは、アスリートファースト、IF規則および規定を満たすこと、世界の視聴者の視点、人気競技のバランス、ジェンダーバランス、円滑なオペレーションという6つの基準を考慮し、IOCや国際競技連盟(IF)などの関係団体を中心に協議を進め、総合的に検討して策定してまいりました。2019年春にはチケットの国内一般販売の開始が予定されており、全339種目のイベントスケジュール(2)についても、関係団体と引き続き調整をしていきます。

なお、水泳競技の競泳、アーティスティックスイミング、飛込については、本日時点でセッションスケジュールの合意が得られず、引き続き、IOC、国際水泳連盟(FINA)、組織委員会の三者で協議を続けます。また、本日時点で本日承認されたセッションスケジュールは、今後の調整により、一部を変更する可能性があります。

1 各競技、チケット単位のセッション(例:陸上競技午前の部、午後の部など。球技では、複数の試合が含まれる場合もあります。)の開始時間と終了時間を記載したものです。
2 各セッション内で行われるイベント(種目)とその時間を記載したものです。

セッションスケジュールについては詳細ページをご覧ください。

オリンピック競技スケジュール

森 喜朗 東京2020組織委員会会長 コメント

本日、IOCの理事会において、東京2020オリンピック競技大会のセッションスケジュールが承認されました。開幕2年前を目前に、今後の大会準備においても重要な節目を迎えられたこと、大変嬉しく思います。
7月24日、開幕2日前の福島でのソフトボールを皮切りに、史上最多33競技339種目が、おおよそ2週間の大会期間に凝縮され、男子マラソンが実施される閉幕まで、これまでにないほどの熱気にあふれた大会になると確信しています。
アスリートファーストへの配慮に加え、IFのルールや男女のバランス、人気競技の日程など、国内・国際双方の視点もあって、多岐にわたる調整は、1年半以上の長期に及びました。多くの皆さまの協力に感謝するとともに、スケジュールの更なる精緻化に引き続き取り組んでまいります。