東京2020オリンピック聖火リレー出発地・出発日発表!!2020年3月26日、福島県からスタート!

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は、本日(2018年7月12日)、東京オリンピック・パラリンピック調整会議において、東京2020オリンピック聖火リレーにおける出発地、出発日および聖火が各都道府県を回る日程を報告し、了承を得ました。

出発地・出発日は、「2020年3月26日福島県」です。
東京2020オリンピック聖火リレーは、「復興オリンピック・パラリンピック」としての位置づけを強く意識して検討を進めてきました。そのため、東京2020オリンピック聖火リレーに先立って東日本大震災の被災3県で実施する「復興の火」の展示という特別な取り組みを行うとともに、被災地などを丁寧に回れるように移動日を含む121日間という長いリレー期間を確保しました。これらに加え、被災3県のひとつである福島県を出発地とすることで、東京2020オリンピック聖火リレーのコンセプトである「Hope Lights Our Way/希望の道を、つなごう。」に沿って、困難を乗り越える力や不屈の精神を全国に受け継いでいくリレーとしたいと考えています。

2020年3月26日、福島県でスタートした聖火は、3月、4月というまだ寒さの残る時期であることから、まず南に向かい、5月上旬に沖縄県で実施した後は北上、6月中旬に北海道まで達します。
次に岩手県に入り、その後、宮城県、静岡県など競技会場を持っている県を回り、最後に東京都に入ることとなり、2020年7月24日の東京2020オリンピック競技大会開会式を迎えます。

各都道府県内のルート案は、ルート選定の基本的な考え方を踏まえ、本日発表した順番と日程を基に、各都道府県の実行委員会において選定を進めていただきます。

各都道府県別の日程については以下のページからご覧ください。
東京2020大会聖火リレー