東京2020 NIPPONフェスティバルのコンセプト・マーク・プログラム概要を発表!

東京2020 NIPPONフェスティバルのマーク

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は、このたび、東京2020 NIPPONフェスティバルのコンセプト、ロゴマークおよびプログラムの概要を策定・制作しました。

東京2020 NIPPONフェスティバルとは

世界の注目が日本・東京に集まる2020年4月頃から9月にかけて実施する、東京2020大会の公式文化プログラムです。
日本が誇る文化を国内外に強く発信するとともに、共生社会の実現を目指して多様な人々の参加や交流を生み出すことや、文化・芸術活動を通して多くの人々が東京2020大会へ参加できる機会をつくり、大会に向けて期待感を高めることを目的としています。

コンセプト

東京2020 NIPPONフェスティバルコンセプト。東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて、全国でくり広げられる文化の祭典、それが東京2020 NIPPONフェスティバルです。日本にあらゆる国の人が集う本大会に先駆けて、様々な人と文化が交流する場となるはずです。地方と都市。日本と世界。あらゆる境界を超え、ひとつになるその時。きっと、かつてない文化が生まれるでしょう。きっと、多様性の力と素晴らしさを実感するでしょう。きっと、新たな文化と感動が未来につながってゆくでしょう。その主役は、私たちひとりひとり。そして舞台は、この国のあらゆるまちとまち。日本各地の熱気と多様性の融合から、すべては始まります。東京2020 NIPPONフェスティバル。それは、この国の新たな可能性を開くフェスティバルです。
東京2020 NIPPONフェスティバルコンセプト。東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて、全国でくり広げられる文化の祭典、それが東京2020 NIPPONフェスティバルです。日本にあらゆる国の人が集う本大会に先駆けて、様々な人と文化が交流する場となるはずです。地方と都市。日本と世界。あらゆる境界を超え、ひとつになるその時。きっと、かつてない文化が生まれるでしょう。きっと、多様性の力と素晴らしさを実感するでしょう。きっと、新たな文化と感動が未来につながってゆくでしょう。その主役は、私たちひとりひとり。そして舞台は、この国のあらゆるまちとまち。日本各地の熱気と多様性の融合から、すべては始まります。東京2020 NIPPONフェスティバル。それは、この国の新たな可能性を開くフェスティバルです。

マーク

東京2020エンブレム作者である、野老朝雄(ところ あさお)さんが制作しました。

  • フェスティバルの象徴となり、全国へ拡がりのあるマーク。
  • 大会エンブレムと同じ3種類の四角形を、同じ数組み合わせたマークが描くのは「Harmonized Checker=調和した市松」。
  • 多様性の調和により可能性や希望が広がり、東京2020 NIPPONフェスティバルがイノベーティブでアクティブな新しい輝きを起こしていくことが、デザインに込められています。
東京2020 NIPPONフェスティバルのマークと左から青柳委員長、野老さん、古宮副事務総長 野老さんがマークのコンセプト等を説明している様子

プログラム概要

フェスティバルのプログラム概要や事業体系については、以下をご覧ください。

(ファイルをダウンロード)第6回文化・教育委員会 東京2020 NIPPONフェスティバルの検討状況(2018年7月2日)(PDF:875.7 KB)

野老朝雄さんによるマークの仕組み説明ワークショップ

今回の発表会には、文化庁主催「文化プログラムプレスセンター」の中・高生記者12名も取材に駆けつけました。東京2020 NIPPONフェスティバルのねらいやマークに込められた思いなど数々の質問を寄せており、対応に当たった文化・教育委員会の青柳委員長や野老さんの回答を聞きながら熱心にペンを走らせていました。

ワークショップにて取材をする中高生たち
取材を終えた中高生と野老さん、青柳委員長、古宮副総長との集合写真

東京2020 NIPPONフェスティバル