東京2020オリンピック競技大会 マラソンおよび競歩コース決定!

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は、東京2020オリンピック競技大会における陸上競技のマラソンおよび競歩について、国際陸上競技連盟(IAAF)の承認を得て、コースを決定いたしました。

マラソンは、現在建設中の新国立競技場をスタート・フィニッシュとして、浅草雷門、日本橋、銀座、増上寺、東京タワー、皇居外苑など東京の名所を回る42.195kmのコースです。

競歩は、緑豊かな皇居外苑を舞台として、選手に大歓声が届くコースとなっております。

コース詳細

マラソン(男子/女子)

新国立競技場(オリンピックスタジアム)~富久町~水道橋~神保町~神田~日本橋~浅草雷門~日本橋~銀座~増上寺~銀座~日本橋~神田~神保町~皇居外苑~神保町~水道橋~富久町~新国立競技場(オリンピックスタジアム)

マラソンマップ

マラソンコースタイムラプス

マラソンコースを映像でご紹介します。

競歩:20km競歩(男子/女子)、50km競歩(男子)

競歩コースマップ(20km、50km)

セバスチャン・コー IAAF会長 コメント

東京2020大会のマラソンコースは、選手にとって挑戦しがいがあり、観客にとって観戦がしやすく、かつ都市の魅力を発信できる想像力豊かなコースとして、陸上競技のプログラムの中で注目を集めます。このマラソンコースは、伝統と現代が融合した東京の要素が見どころで、また、競歩コースは壮大な皇居を背景に、都会の喧騒を忘れさせる緑に囲まれた皇居外苑の静寂と美しさを体感できます。私たちは、両コースに大変満足しており、組織委員会の創造力とご尽力に感謝しております。

高橋 尚子 東京2020組織委員会アスリート委員会委員長 コメント

2年後の東京2020大会でマラソンコースの沿道が、数え切れないほど多くのファンで埋め尽くされることを想像すると胸が高鳴ります。マラソン、競歩ともに、沿道からの声援が選手たちを後押しし、選手たちが最高のパフォーマンスで応えることで、記憶に残る素晴らしいレースになることを期待しています。

オリンピック競技 陸上競技