安倍総理、Tokyo 2020 JAPAN HOUSEを訪問

2018年2月10日(土)、安倍晋三内閣総理大臣が、江陵オリンピックパークに昨日オープンしたTokyo 2020 JAPAN HOUSEを訪れました。

Tokyo 2020 JAPAN HOUSEを訪問した安倍首相
安倍首相を出迎える遠藤 利明会長代行ら

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の遠藤 利明会長代行らの出迎えを受け、東京2020大会や開催都市東京の魅力を紹介する展示コーナーを見学。特に興味を持ったのが、高速で3Dモデリングデータを生成するスキャンシステムを活用した最先端技術を体験できる「THE TOKYO TRAVELLERSコーナー」。館内の特別ブースで安倍総理の全身が撮影・スキャンされると、大型スクリーンに映し出された東京の観光地のCG映像の中に安倍総理のアバターが登場しました。リアルでコミカルな安倍総理の動きに、会場からは歓声が沸き起こりました。

全身を撮影・スキャンされる安倍首相
大型スクリーンに映し出された安倍総理のアバター

その他にも、東京2020大会の追加競技を使ったイメージフォトの撮影や2019年に日本で行われるラグビーワールドカップ2019大会をモチーフにしたトライフォト体験(トリック写真)をしました。

ラグビーワールドカップ2019大会をモチーフにしたトライフォト体験
ラグビーワールドカップ2019大会をモチーフにしたトライフォト体験
東京2020大会の追加競技を使ったイメージフォトの撮影
安倍首相と関係者

Tokyo 2020 JAPAN HOUSEは、江陵アイスアリーナ、江陵スピードスケート競技場、江陵ホッケーセンター、江陵カーリングセンターで構成されている江陵オリンピックパークで開催中。オリンピック期間・パラリンピック期間に、一般の方々もお楽しみいただけるコンテンツをご用意していますので、ぜひお立ち寄りください。

Tokyo 2020 JAPAN HOUSE