TOKYO 2020 JAPAN HOUSE Reception in Rio de Janeiroを開催

9月17日12時30分(リオデジャネイロ現地時間)、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会、東京都、日本オリンピック委員会(JOC)、日本パラリンピック委員会(JPC)の4団体で共同運営されるTOKYO 2020 JAPAN HOUSEにおいて、「TOKYO 2020 JAPAN HOUSE Reception in Rio de Janeiro」が開催されました。

冒頭、鳥原光憲日本障がい者スポーツ協会日本パラリンピック委員会(JPC)会長、小池百合子東京都知事から主催者挨拶があり、続いて、来賓代表として国際パラリンピック委員会(IPC)クレイバン会長からご挨拶をいただきました。

その後行われた鏡開きでは、リオ2016パラリンピック競技大会のメダリスト3名(辻沙絵選手/陸上、山田拓朗選手/水泳、齋田悟司選手/車いすテニス)のほか、多くの来賓の方にもご参加いただき、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の武藤事務総長が乾杯の挨拶をしました。

当日は484名もの方にご来訪いただき、TOKYO 2020 JAPAN HOUSEの展示を鑑賞していただくとともに、翌日閉会式を迎えるリオ2016大会のこれまでの成功と、4年後に迫った東京2020大会に向けて更なる結束を深めました。

クレイバンIPC会長 鳥原光憲JPC会長 小池百合子東京都知事 鏡開きの様子 レセプションの様子