安倍総理、Tokyo 2020 JAPAN HOUSEで日本代表選手団と交流

8月21日(日)(リオデジャネイロ現地時間)、安倍晋三内閣総理大臣、松野博一文部科学大臣、鈴木大地スポーツ庁長官らが、Tokyo 2020 JAPAN HOUSEを訪問し、日本代表選手団との交流会を実施しました。

日本代表選手団からは、橋本聖子団長およびレスリング女子の吉田沙保里主将ら28名の選手が参加しました。安倍総理は選手一人ひとりと握手をし、「最後まで諦めない皆さんのひたむきな姿に感動した。心から感謝したい」と、選手の活躍を称えました。

また、「東京2020大会は、政府としても最高のコンディションで皆さんが試合に臨めるよう全力を尽くす。世界に感動を与える大会にしたい」と語りました。

リオ2016大会において、日本代表選手団は、8月21日12時時点(リオデジャネイロ現地時間)で金メダル12個、銀メダル8個、銅メダル21個、計41個の過去最高数となるメダルを獲得しています。

安倍首相と日本代表選手団 安倍首相 安倍首相と日本代表選手団 安倍首相と日本代表選手団