レスリング 吉田選手、伊調選手、登坂選手、土性選手、川井選手 メダリスト記者会見

リオデジャネイロ2016オリンピック競技大会14日目、日本代表選手団は、レスリング女子63kg級の川井梨紗子選手が金メダル、53kg級の吉田沙保里選手が銀メダルを獲得しました。バドミントン女子ダブルスでは、高橋礼華選手、松友美佐紀選手がバドミントンで日本初となる金メダルを獲得しました。

一夜明けた8月19日朝(リオデジャネイロ現地時間)、Tokyo 2020 JAPAN HOUSEにて、レスリング女子の吉田選手、伊調選手、登坂選手、土性選手、川井選手の記者会見が行われました。

選手のコメントを紹介します。

吉田 沙保里選手 コメント
銀メダルを取ることができて嬉しく思う。多くの方々の応援のおかげ。昨日は試合が終わった後、すごくたくさん泣いて、皆さんに心配をかけてしまったが、一日経って、今は結構すっきりしている。思い出すと、まだ悔しさはあるが、また次に向かって頑張ろうと思っている。後輩の選手たちには、本当に「金メダルおめでとう」と伝えたい。自分のことのように嬉しく思う。
これまで世界選手権、オリンピックを合わせて16回優勝してきた。ライバルの存在があったおかげで、負けないように頑張り続けることができた。決勝の対戦相手であるアメリカのヘレン選手は4年前に対戦して私が勝っているが、その時ヘレン選手が「初めて吉田選手を倒すのは私」と言っているのを聞いて、負けないように頑張ろうと思えた。決勝で戦えたのを嬉しく思う。ヘレン選手の成長ぶりには驚いた。
できれば4年後の東京2020大会を目指していきたいが、今後についてはゆっくり考えたい。 オリンピックが終わるたびに、今何がしたいかと聞かれるが、温泉に入ったり、美味しいものを食べたりして、ゆっくりしたい。会いたい人は、甥っ子や姪っ子、監督の子供。

伊調 馨選手 コメント
今回の金メダルは自分ひとりの力では取れなかった。皆の応援のおかげで最後に逆転できたと思う。感謝の気持ちで一杯。
練習は嘘をつかない。決勝では、「絶対に金メダルを取る」、という気持ちだった。自分ひとりではない力を発揮することができて、逆転することができた。
早く日本に帰って、応援してくれた仲間や友達に会いたい。地元の方は、寝不足になりながらも応援してくれていたと思うので、一日も早く帰って、子供たちにも金メダルを見せたい。 今後のことはゆっくりと考えたい。
今一番食べたい物はお寿司。

登坂 絵莉選手 コメント
初めてのオリンピックで金メダルを取ることができて本当に嬉しい。偉大な先輩方と一緒に出場できたことを幸せに思う。練習では、毎日スパーリングをして競い合っている。最後の最後まで勝負にこだわった執念が結果につながったと思う。最後、一瞬負けてしまうかも、と思ったが、負けてたまるかと、いう気持ちで戦った。
今後のことは、まずは怪我をしっかり治して、また早く練習をしたいと思う。
今回多くの方々に応援をいただいたので、なるべく多くの方に会って、メダルを見せたい。地元の富山の子供たちには、目標をしっかり決めて一緒に頑張ろう、と伝えたい。
東京2020大会では二連覇をしたい。
今一番食べたい物は、きしめん。

土性 沙羅選手 コメント
初めてのオリンピックで、夢だった金メダルをかけることができて、本当に嬉しく思う。自分だけの力ではなく、たくさんの方に応援をいただいたおかげ。感謝したい。
練習のスパーリングの時に、「点を取られても最後まで負けない」という気持ちで、点を取りに行く気持ちが今回の結果につながったと思う。
今したいことは、買物。会いたい人は応援してくれていた友達や、姉と弟。
東京2020大会でも二連覇できるように今後も頑張っていきたい。
今一番食べたい物は蕎麦。

川井 梨紗子選手 コメント
初めてのオリンピックで、憧れの選手と一緒に出場することができ、目標を達成することができて嬉しい。今回、金メダルを取ることができたのは、多くの方々にお世話になったおかげ。感謝の気持ちで一杯。
東京2020大会でも二連覇を目指して頑張りたい。
まだ家族に会えていないので、会って金メダルを見せたい。
やりたいことは、部屋に帰って、自分の布団で寝ること。
食べたい物はお寿司。

吉田沙保里選手、伊調馨選手、登坂絵莉選手、土性沙羅選手、川井梨紗子選手の記者会見の様子 吉田沙保里選手 伊調馨選手 登坂絵莉選手 土性沙羅選手 川井梨紗子選手 吉田沙保里選手、伊調馨選手、登坂絵莉選手、土性沙羅選手、川井梨紗子選手