柔道 田知本選手、ベイカー選手、競泳 星選手 メダリスト記者会見

リオデジャネイロ2016オリンピック競技大会6日目、日本代表選手団は、柔道女子70kg級で田知本遥選手が金メダル、柔道男子90kg級でベイカー茉秋選手が金メダル、体操男子個人総合で内村航平選手が金メダル、競泳女子200メートルバタフライで星奈津美選手が銅メダルを獲得しました。

一夜明けた8月11日朝(リオデジャネイロ現地時間)、Tokyo 2020 JAPAN HOUSEにて、田知本選手、ベイカー選手、星選手の記者会見が行われました。

選手のコメントを紹介します。

田知本 遥選手 コメント
自分の夢を達成できたな、としみじみ感じている。
今大会の柔道女子でこれまで金メダルが取れていないというプレッシャーはなかった。前の選手が勝っても負けても自分がやるべきことを達成するだけ。自分自身との戦いだった。絶対に夢を叶えなければ、というプレッシャーがあった。
リオデジャネイロは来る前は治安が不安だったが、来てみたらそうでもなかった。ブラジルの方々は親切。
昨日の自分の試合が、子供たちに何かメッセージを発信できていたら嬉しい限り。子供たちには、夢を持って、成功するも失敗するも、それに向かって一所懸命打ち込んでほしい。自分が手助けできることがあれば是非したいと思う。
帰国したら、地元の行きつけのお店に行きたい。

ベイカー 茉秋選手 コメント
家族が泣いて喜んでいる姿を見て、頑張って良かったなと思った。昨日はずっとアドレナリンが出ていて眠れなかった。
2013年にシニアデビューしたが、最初はすごくやりづらかった。そこから国際大会経験を重ね、国際合宿で長身選手や外国人選手と組み合うことで相手の長所短所がわかって、苦手意識がなくなっていった。
僕は、かつて井上先生が優勝した姿を観て、柔道に対する思いが強くなった。今は僕が逆の立場になったと思う。柔道人気が低迷しているが、オリンピックを機に人気を復活させたい。
オリンピックで優勝することが子供のころからの夢だった。ここまでくるのにつらいことはあったが、諦めずにやったおかげ。子供たちには、諦めなければ夢は叶うということを伝えたい。
とりあえずゆっくり休みたい。帰国したら味が濃いもの、特にとんこつラーメンをたべたい。
実家に犬がいるので、犬に会いたい。

星 奈津美選手 コメント
昨日は水泳人生最高のレースができた。最後はもう腕も足も動かなくなるくらいまで力を出し切れた。本当に最高のレースだった。
競泳会場では、本当に歓声がすごかった。ブラジル人は地元選手でなくても、応援してくれて、温かく迎えてもらえた。自分自身も楽しくレースができた。
私も偉大な先輩の活躍を観て、目標を持った。4年後は東京でオリンピックが開催される。子供たちには、間近でオリンピックを観て、オリンピックに出たいという夢を持ってもらえると良いな、と思う。
5月末に日本を出発してから遠征が続いてここまできている。日本に帰っただけで感動すると思う。今一番食べたい物は焼肉。一番会いたいのは家族。

田知本遥選手、ベイカー茉秋選手、星奈津美選手 田知本遥選手 ベイカー茉秋選手 星奈津美選手