「東京2020ライブサイト in 2016 -リオから東京へ-」開催レポート:8月6日 岩手会場

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と東京都は、リオデジャネイロ2016オリンピック競技大会開会式が開催された8月6日(土)(日本時間)、岩手県盛岡市のもりおか歴史文化館において、「東京2020ライブサイトin 2016-リオから東京へ-」を開催しました。

パブリックビューイングでは、リオデジャネイロ2016オリンピック競技大会開会式が生中継で大型ビジョンに放映され、来場者は、リオ2016大会開幕を祝い、日本代表選手団にエールを送っていました。

ステージでは、平成27年全日本吹奏楽コンクール岩手県大会に県北地区代表として出場した岩手県立久慈東高校吹奏楽部がダンスを交えた演奏で会場を盛り上げたほか、岩手県を中心に活動を行っている佐比内金山太鼓は、力強い演奏で日本選手にエールを送りました。また、岩手大学のストリートパフォーマンスクラブは会場と一体となったパフォーマンスで観客を魅了していました。

競技体験エリアでは、一般参加者による車椅子バスケットボールとボッチャ体験プログラムを実施しました。子どもたちは初めて体験する競技に興味津々の様子で、夏の日差しの中、暑さを忘れて競技を楽しんでいました。

また、会場には地元のPRブースや、リオ2016大会と東京2020大会を紹介する展示ブースなどが設置され、多くの来場者がリオ2016大会に興味を持ち、また、4年後に行われる東京2020大会への機運を高めるイベントとなりました。

東京2020ライブサイトin 2016は、リオ2016大会期間中、東京都2会場(上野恩賜公園、国営昭和記念公園(立川市))のほか、東日本大震災の被災3県(岩手県、宮城県、福島県)でも開催されます。様々なゲストが出演し、多くのステージイベントが開催されますので、是非お越しください!

東京2020組織委員会公式Facebook(別ウィンドウで開く)

東京2020組織委員会公式Twitter(別ウィンドウで開く)

太鼓によるパフォーマンス 岩手大学のストリートパフォーマンスクラブ ボッチャ体験の様子 東京2020PRブース