東京オリンピック・パラリンピック調整会議を開催

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、3月3日(木)、東京オリンピック・パラリンピック調整会議を開催しました。

会議の冒頭、この度新しく調整会議のメンバーに就任した馳大臣よりご挨拶があり、遠藤大臣や、森東京2020組織委員会会長、舛添知事、竹田JOC会長らと聖火台について意見交換が行われました。

会見では、遠藤大臣より聖火台に関する検討チームを作ることが発表されました。今後、IOCの指針に沿って検討を進め、 4月末を目処に取りまとめる予定です。

東京2020大会の開会式を、アスリート、国民、そして世界中の人々の忘れられない記憶に残すため、都、JOC、JPCも含め、オールジャパンで、聖火台に関する検討を進めて参ります。

会見に応じる遠藤大臣の写真 今回からメンバーに加わった馳大臣の写真 会議に出席する舛添知事らの写真 会議の様子の写真