第5回アスリート委員会を開催

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、12月21日(月)、第5回アスリート委員会を開催しました。

本日の会議では「スポーツ・健康」分野のアクション&レガシープランの中間報告骨子について議論を行いました。

会見では、アクション&レガシープランの例として挙げられている「リオから東京まで歩いていこうプロジェクト」について質問が寄せられました。

高橋委員長は「みんなが参加をしながらリオから東京をうめていこう、歩いていこうという企画です。アプリなどを使って、アスリートから一般の方々誰もが参加でき、歩く、走る、泳ぐだけでなく体操の回転数なども距離化して、リオから東京までの距離をみんなで足し合わせて行くという、非常に楽しいアイディアだと思います」とコメントしました。

上記含む本日の議論の結果は、中間報告として来年1月25日の組織委員会理事会に提案する予定です。

委員会の高橋委員長 委員会の様子